2017年10月12日

第36話「ジパング倶楽部会員証がやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!」

036.jpg

遠距離介護のネックは交通費である。
父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が住むH県M市に行くにはJRを利用する。
往復割引を利用すれば運賃は安くなるが、新幹線の特急券は安くはならない。
そこで調べてみた結果、ジパング倶楽部というものに行き当たった。
年会費は必要だが運賃だけでなく特急券も割引になるのだ。
さっそくウェブにアクセスして申し込もうと思ったら、なんと受け付けは郵送のみとな!
せっかくサイトがあるんだから、そこで申し込めれば楽なのにどういうことなんだ?
入会申し込み用ファイルもダウンロードできず、電話でしか請求できないのだった。
年輩者相手のサービスだからアナログなシステムなのだろうか。それともジパング倶楽部事務局はお年寄りばかりの部署で、自分たちがデジタル対応できないからこうなのか。
しかたないので、まずは申し込み書請求の電話をする。
電話に出たのはオジーサンではなくオネーサンだったが、送付先を告げ電話を切る。あとは申込書が郵送されるのを待つだけ。
それが…なかなかこない。
忘れた頃にやっと届いた。
もうどーでもいーやと思いつつ封を切る。
申し込む前に同梱の振り込み用紙で会費を入金するのか。
次に申込書に必要事項を記入する。年齢確認用の保険証のコピーも必要なのか。会員証用の顔写真をペラペラの台紙に貼付ける。写真の裏に名前も書けとある。なんだかなつかしい作業が続く。これらと年会費の振替払込受付証明書を同封して、自分で封筒を用意して切手を貼り事務局宛に返送する。
面倒臭いが、乗りかかった船だ。ポストに投函して、あとは会員証が届くのを待つだけ。
しかし、なかなか届かない。
またまた忘れた頃にやっと来た封書をあけてビックリ!
ちょっと人には見せたくないレベルのダサい会員証と、会員手帳なるものが出てきたのだ。しかも旅行中はこの会員証と手帳を常時携帯して提示しなければならないのだそうだ。使用ガイドによると、購入証に記入後、窓口に提出してキップを購入するようだ。なんだか、JR以前の国鉄時代のテイストが感じられる「ジパング倶楽部」なのでした。
使い勝手がどんなものか、次の第三次遠距離介護ツアーで試してみよう。
(つづく)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記