2017年11月01日

第45話「遠距離介護選挙」

045.jpg

母チコちゃん(86歳)の介護認定訪問調査立ち会いのための第三次遠距離介護ツアーの日程をたてていて、ふと気がついた。
今回は2週間程度の滞在になりそうだが、ちょうど選挙の告示日と投票日にモロ重なっているではないか。
選挙で投票してもほとんど何も変わらないよな〜(たいていは泡沫候補とよばれる人に投票しているからかも知れないが)と思いつつも、最近はほぼ投票に行っている身としては、今回の選挙は棄権したくない。
今まで期日前投票はしたことがあったが、今回のようなケースは初めてである。
遠距離介護などで投票日に居住地にいなくて、期日前投票も出来ない場合は不在者投票という手段がある。
まずは住んでいる区のウェブサイトで調べたら、以下のような手順だった。
(1)不在者投票請求書PDFをダウンロード
(2)上記をプリントアウトして必要事項を記入
(3)選挙管理委員会窓口で不在者投票請求
(4)請求書記載住所に投票用紙が送られる
(5)滞在先で投票用紙を受け取り、滞在先で投票
(6)滞在先選挙管理委員会から居住地選挙管理委員会に投票用紙発送
ああ、めんどうくさい。
でも、こんなにがんばって手続きして投票しても、選挙の結果はいつものようにアレな結果になりそうな気がする。
介護も選挙も、なかなか思うようにはいかない。
第46話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記