2017年11月06日

第46話「第三次遠距離介護ツアー出発直前」

046.jpg

もうすぐ、父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が暮らすH県M市での、第三次遠距離介護ツアーが始まる。
これまでの第一次と第二次の遠距離介護ツアーの経験をふまえて準備する日々が続く。
まず用意したのはPC収納リュックだ。
今回は仕事も少しやってみようと考え、MacBookPro13インチとスモールサイズのペンタブレットを持参することにした。さすがにスキャナーまでは持って行けない。
PC収納リュックは15インチまで収納出来るタイプなので、MacBookPro13インチを入れて更に少しばかりの着替えを入れるくらいの余裕はある。
これまでは着替えもそれなりに持っていったのだが、これから何度も遠距離介護ツアーはあるだろうし、今回からは現地での着替えは現地調達にすることにしたので身軽なのである。リュックひとつにおさまるくらいの荷物になった。
次に用意したのはジパング倶楽部会員証と会員手帳
これで新幹線も割引になるというので入会したのだが、手引書を読むと、新幹線のぞみ号は利用出来ないとのことだった。つまり、ひかり号やこだま号で乗り継いでちょーだいね!ということのようだ。まぁ2割から3割程度安くなるんだからそのくらいはしかたないかと納得。
最後に用意したのがウクレレ。
いや、べつに父母にウクレレを聴かせる音楽療法といったハナシではない。近々、ウクレレを人前で演奏する機会があるので、そのための練習用だ。今回持って行くのは、リュックにスッポリ入るサイズの、小さなエレキウクレレRISA
エレキウクレレだから、アンプにつながなければほとんど外部に音は洩れず、いつでも練習出来る利点がある。もっとも、父ハム夫くんも母チコちゃんも耳が遠いので、大きな音を出しても全然問題はないのだが。
てなわけで、ウクレレ背負った渡り鳥の、第三次遠距離介護ツアーは準備万端整った!
第47話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記