2017年11月10日

第48話「初めての不在者投票」

048.jpg

いよいよ、父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が暮らすH県M市に向かっての第三次遠距離介護ツアーが始まった。
第三次ともなれば少しは慣れてきたような気もするが、まだまだ初めての事も多い。
今回のソレは選挙の不在者投票。
遠距離介護ツアー日程と、突然の選挙の日程がビミョーにかみあわず、告示前に出発し、帰宅するのは投票日以降の予定なので、期日前投票もできないことが判明した。
そこで登場するのが、初体験の不在者投票
出発前に、第45話「遠距離介護選挙」で述べたような準備をして、いざH県M市へ!
不在者投票の最初のステップは、レターパックプラスで投票用紙がH県M市の実家まで送られてくるのである。
しかし、ここにひとつ問題がある。これまでも何度か書いてきたが、父ハム夫くん(92歳)も母チコちゃん(86歳)も郵便物の管理ができない。レターパックプラスを受け取っても行方不明になる確率が高い。
父ハム夫くんよりも母チコちゃんの方がいくらかはマシなので、なんとか母チコちゃんに受け取ってほしいと願っていたら、願いが通じたのか母チコちゃんが受け取り保管していてくれた。
ほっ。
次はこのレターパックプラス持参でH県M市の選挙管理委員会に出かけて投票である。
さっそくM市役所に行ったが、期日前投票所の案内はあるのに、なかなか選挙管理委員会が見つからない。
最上階の廊下の一番奥にやっとみつけて、カウンターで案内を請う。
不在者投票ですと告げたら、メガネ小太り男子職員に案内されて別室に案内される。投票所というよりも備品置き部屋みたいなところで、指定された椅子に座り、男子職員と二人きりで向き合う。
レターパック内から出した投票用紙について説明があり、それでは記入してくださいとの案内がある。その瞬間、彼は立ち上がり窓際まで進みこちらに背を向けなにやらブツブツ言っている。
記入し終わったら言ってください」と彼が言う。
白いワイシャツの背中を見ながら、まずは小選挙区選出候補者を書く。
書き終わりました」とボクが言う。
彼はやおら振り向き、元いた場所に戻り、ボクの前に再び着席する。
この後、比例代表選出と裁判官国民審査で同じ事を繰り返し、投票用紙を袋に入れて封をして手渡すと、彼がそれらを封筒に入れ「これからあなたの居住地の選管に速達で送ります」と宣言して、儀式のような不在者投票は終わった。
こうして、ボクの1票は無事に選管に届いたはずである。
でも、こんなに手間をかけて投票した選挙の結果がアレですから、ちょっと脱力したのでした。
まぁ、これから続く遠距離介護生活に比べれば、脱力の度合いはたいしたことないですけどね。
第49話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記