2018年08月27日

第100話「父の用意周到」

100.jpg

急に逝ってしまった父ハム夫くん(92歳)だが、自分がいなくなった後の事を、生前にそれなりに用意はしていた。
寝室のヒキダシに「重要書類入れ」と記したファイルをしまっていたのだ。
几帳面な性格らしく、土地家屋関連書類や、年金関連の通知等が年代順にきちんと整理されていた。しかしボケはじめたこの2年くらいの分は新聞の広告や包装紙みたいなものがまざっていたのだった。
そういえば、亡くなる日の朝のこと。
ベッドに座ったまま、ボクに近くに来いと手招きをしている。
近付いて行くと、足元を指差す父ハム夫くん。
そこにはA4の紙が落ちていた。拾い上げてみると名刺をプリントしたものだ。
その昔、インパクなんてのがムリヤリ行われて、行政主催のパソコン教室なんてのがあった頃、ハム夫くんもこれに参加したことがあったが、その当時にサンプルとして作ったものかもしれない。
このパソコン教室で使われたのは国産のWin機だったのだが、ハム夫くんはその機種と同じものをパソコン教室終了後に購入した。それを後日知ったボクは、なぜ Macにしなかったんだよ〜と激怒したのを覚えている、その時のハム夫くんの鼻白んだ表情が忘れられない。
すまなったかなハム夫くん、Macのことになると瞬間的にあつくなってしまうんだよ、あの時はゴメン。
話は、足元の名刺用紙に戻る。
父ハム夫くんは、その用紙を手に持ちひっくりかえして裏側を指差している。
そこをよく見ると、なにやらボールペンで文字らしきものが何行か書いてあり、そのまわりが丸く囲われている。
やるべきことを書いて、それをまとめて囲って説明しているようだ。
しかし何が書いてあるかは判別不能だ。
ボクが頭をひねっていると、さらに足元を指差している。
そこにはティッシュペーパーが一枚落ちていた。
よく見ると、そのティッシュペーパーにもなにやらボールペンで文字らしきものが何行か書いてある。先ほどの名刺用紙と同じくそのまわりを丸く囲っている。
やはり何かを説明しているのだろう。
コレは何が書いてあるのか訊こうとしたその瞬間、父ハム夫くんは「わかったな?」といった表情でにっこりした後、ティッシュペーパーを顔に近づけてチーンと鼻をかんだのだった。
その後は、ティッシュペーパーを丸めてポイとそのへんに投げ捨てる。
今思うと、あれは遺言のようなものだったのかも知れない。
葬儀はこうやって、残ったものはこうやって分けなさいよ、と書いていたような気がするが、今となっては真相は不明である。
というわけで、初めての相続に右往左往しているのが現状だ。
なかなか手強そうだが、以前やりかけてそのままになってしまった成年後見人のチャレンジよりはなんとかなりそうではある。
まずは、相続関連特集のある日経マネーのバックナンバーでも探すことから始めるとしよう。
父ハム夫くん(92歳)は、葬儀の三日後が93回目の誕生日だった。
今後、父ハム夫くん(93歳)と記す事はない。
第101話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年08月20日

第99話「ソは相続のソ」

099.jpg

いずれは相続の手続きをしなければならないと思いつつも、面倒そうなので後回しにしていた。
相続関連手続きはいろんな書類をそろえたり、いろんな窓口に申請に出向いたりと、遠距離介護者にとってやっかいな問題なのである。
それよりも公共料金引き落とし先変更届けが先決である。
ガスやら電気やら水道が急にとまるようなことになったら大変だ。
まずはガスの引き落とし先の金融機関に出かけ、引き落とし先を父ハム夫くん(92歳)の口座から、母チコちゃん(86歳)の口座に変更したいと申し出た。
変更手続き伝票を渡され記入して一件落着…のはずが。
それでは今後の相続についてご説明します」と窓口のスタッフ。
これよりお父様の口座は相続終了まで凍結されます」と続いた。
えっ、まだ相続関連手続きは先にするはずだったのに、いきなりの展開である。
相続手続き依頼書なるものを手渡される。
相続に必要な書類一覧表もある。
それによると、亡くなった父ハム夫くん(92歳)の出生から死亡までの戸籍謄本一式が必要なのだそうだ。普通の戸籍謄本とは違うのだろうか?一式という事は、複数のものを揃えるのだろうか?
相続人全員の印鑑証明書も必要だ。
母チコちゃん(86歳)は印鑑登録そのものをしていないから、まずはこれからだ。
電気料金は他の銀行なのでそちらにも回ったが、書式がビミョーにちがうものの大筋では似たようなものだった。
水道料金引き落としは、ゆうちょ銀行なので、そこにも行ってみたら、他の銀行とは異なっていた。
相続関連ですと申し出たら「ゴシューショーサマデス」と窓口の年輩の郵便局員に言われて、ちょっと面食らう。
他の銀行とちがって、まず相続手続きに入る前に相続確認表というものを書く必要がある。これは被相続人と相続人との関係図みたいなものだ。それを窓口に提出すると、その時点で口座は凍結されるが、相続手続きはまだ始まっていない。
2週間くらいしたら、必要書類のご案内というものが郵送されてくるのだそうだ。そこに書かれてある書類を用意してゆうちょ銀行の窓口に提出する流れだ。その後に何も問題がなければ金券(窓口のスタッフは確かにこういったが、ちゃんとした正式名称は別にあるような気がする。金券だと、商店街の福引きで当たったみたいだしね。)が送られて来て、それを再度ゆうちょ銀行の窓口に持って行き、それでやっと払い戻しされるのだ。
ああ面倒臭い。
しかも残高が100万円以下と以上で手続き書類も違うのだそうだ。たぶん100万円はないだろうから、100万円以下の場合に使う「窓口即時払用」手続き請求書を受け取って帰る。
がっ、しかし!
通帳類を管理している妹U子に確認したら、100万円以上残高があるというではないか。
同じ郵便局に100万円以上の書類を再度もらいに行くのは恥ずかしいので、少し離れた別のゆうちょ銀行に行き100万円以上の書類を受け取る。今度のは「集中処理用」と記されている。きっと集中して処理するのだろう。
銀行関連はなんとかなりそうだが、ゆうちょ関連は今後も何か問題が起こりそうな気がする。少なくとも窓口に出向く回数は銀行よりは多い。
わずかばかりの相続関連手続きの経験で、今ワタクシは思う。
自分だっていつ何があるかわからない。
相続のことを考えると自分のゆうちょ銀行の口座はいずれは解約しよう。解約しないまでも100万円以下にしておこうと。
第100話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年08月13日

第98話「アフター葬儀」

098.jpg

父ハム夫くん(92歳)の葬儀が終わったあとに、葬儀場のスタッフからなにやら小冊子を手渡された。
それは葬儀後に必要な手続き関連の案内ガイドのようだった。
最初に書いてある項目は、「葬儀業者への支払い」とある。もっともな記述である。
支払い関連では、自動引き落とし先と名義の変更も必要だ。
これは電話するより直接窓口に行ったほうが、実は手早く処理出来る。。
というのも、これらの機関に電話すると、関連書類が郵送されきて必要事項を記して返送するというものが多い。
実家に滞在する期間が限られている遠距離介護者としては、これらが送られてくるのを待つ日にちがムダである。それなら直接行って素早く処理した方が早いのだ。
お次は、これからの様々な相続手続き時に必要な印鑑登録関連である。
今まで対社会的なことは全て父ハム夫くん(92歳)が処理していたので、母チコちゃん(86歳)はそもそも印鑑登録をしていない。
じゃあすぐに登録手続きをすればいいじゃないかと思うのは、相続のシロートだ。
本人が窓口に行っても、顔写真付きの証明書がないと即日発行してくれないのだ。もちろん母チコちゃん(86歳)はパスポートも運転免許証もマイナンバーカードも持っていないので、この点でアウトである。
そんな場合は代理人が出向き申請をした後、お知らせが本人の住所に郵送され、その中にある書類に署名して、再度代理人が窓口に行き、やっと印鑑登録できるというのだ。
この時間的ロスは、遠距離介護者には耐えられない。
印鑑登録に関しては、実家からクルマで1時間のところに住む妹U子にまかせることにする。
そういえば、以前なにやら保険会社から通知が来ていたのを思い出した。保険の内容は不明だが、死亡したんだから保険金が出るんだろう。さっそく電話してみる。
そこでわかったのは、入っていたのはガン保険で、ガンで死亡しないかぎり1円も出ないことだ。この保険は、ガン死亡時保証ではなく、ガン治療入院時の保証をする保険だったのだ。
毎月数千円の掛け金を数十年も払い続けてきたのに、なんってこったパンナコッタ!
このままでは今までの掛け金数百万円はムダである。
電話口の保険会社スタッフが言うには、母チコちゃん(86歳)と共有名義なので、チコちゃんが亡くなれば数万円支給されるという。この場合は死因がガンんでなくてもいいのだそうだ。
ここで解約して、今までの掛け金をあきらめるか、このまま継続して万一の場合の母チコちゃん(86歳)のガン治療に備えるか、進路は二つにひとつである。
決定までニか月くらいは猶予があるそうなので、妹U子と相談することにして、とりあえずは電話を切る。
その他種々の契約も確認する必要がある。
例えばケーブルテレビの契約。現状では地デジの2局くらいしか見ていないのに、BSやCSも含むオプション契約を結んでいるようだ。ケーブルテレビ用のリモコンも見あたらないし、テレビにつなぐセットボックスの位置に、使われていないビデオデッキが接続されている。数年前まではCSの時代劇専門チャンネルを二人揃って見ていたから、その後急激に二人ははボケ始めたのだろう。
住所を調べたらケーブルテレビのオフィスがすぐ近くにあることがわかり、これも電話で交渉するより行った方が早いという法則に従い、明日一番で行くことにする。
葬儀が終わっても、やることは多い。しかも初めてのことだらけだから、もう何がなんだかわからない。
アフター葬儀の日々はアタフタと暮れていく。
第99話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年08月09日

Kindle版『KAIGO日和』第1巻を無料で読めるかもしれない二つの方法

kaigokindle_01.jpg

Kindle版『KAIGO日和』第1巻を無料で読めるかもしれない二つの方法をご紹介します。
以下のような環境だと無料で読めるかも知れません。

●Amazonの月額読み放題サービスKindle Unlimitedに登録している
●Amazonのプライム会員でKindle端末を使っている

残念ながら作者はどちらにもあてはまらないので、実際にはどうなのかは断定はできません。
もし条件を満たしているような方がいらっしゃいましたら、是非お試しくださいませ。
posted by ODA-SAN at 19:57| Comment(0) | 日記

2018年08月06日

第97話「ハム夫くんサヨナ〜ラ♪」

097.jpg

さっきから「いいえそれはけっこうです」とか「必要ありません」とか「いらないです」とか答え続けている。
父ハム夫くん(92歳)が突然あの世に去ってしまってからやってきたのは、葬儀に関するあれやこれやだ。
通夜はどうする、葬儀会場はどうする、花はどうする、ハガキはどうする、写真はどうする、食事はどうする、ドライアイスはどうする、坊さんはどうする、司会はどうする、骨壺はどうする、湯灌はどうする等々葬儀屋さんの怒濤の攻撃をかわしつつ、テキパキと判断して、ほとんどの提案にノーを言い続けるワタクシ。
たまにはイエスとも言って、適当におりあって、なんとか通夜葬儀に突入していくしかない。
今は、病院から葬儀場まで遺体を運んで、通夜と葬儀のだんどりもなんとかつけたところだ。
そんなとき、実家の近所に住む親戚のS子さんが「枕経はどうするん?」と言ってきた。枕経とは遺体安置時にあげるお経なのだそうだ。そんなもの全然想定していなかったので、あわててお寺さんに電話してきてもらう。
こんなことで、ちゃんと通夜から葬儀まで進行できるのだろうか不安になる。
一夜明けて、お通夜当日の朝。
昨夜、ボクの喪服を持って妻もやってきた。しかし、黒靴は重くて持ってこなかったので、会場に行く前に靴屋に寄って靴を買ってから行くことになった。
ところがどっこい、今は亡き父ハム夫くん(92歳)の靴でほとんど履いていなかったものが、ボクの足サイズにぴったりなのを発見したのだったのだ。
供養にもなるしいいよねと、玄関先で、丁度やってきた妹U子の家族たちと笑っていたら、母チコちゃん(86歳)が奥から出てきて「なんでそんな靴を履くんね?」と言う。
「なんでって通夜と葬式の時に履くんだよ」とボク。
「誰か死んだんか?」と母。
「誰ってお父さんよ」とボク。
「え〜っお父さん死んだんか」と母。
一同唖然…。
やがて、ハム夫くんが亡くなったことを思い出した母チコちゃんは喪服の準備をし始める。
唖然としていた一同がホッとした頃、チコちゃんの爆弾発言が出た。
「喪主の私は着物がいい!貸衣装の手配を!」
あわてて貸衣装を手配したものの、着付けは妹U子にS子さんに妻もふくめて数人でよってたかって整えたのだった。それなのに、いざ会場につくと草履が合わないで指が痛いといいだし、黒いスニーカーに履き替える母チコちゃんだった。
そんな珍妙なスタイルの母チコちゃんだがちゃんと化粧はしている。よく見ると眉がなんか不自然である。よくよくきいてみると、またまた驚愕の事実が露呈した。なんと眉にタトゥーを入れているのだという。なぜタトゥーをと疑問に思いつつ火葬場に向かう。
火葬場ではおごそかにスタッフがお棺をおして運んでいくが、靴のサイズが大きいようでパッコンパッコンいっている。もしも靴が脱げてつんのめったら、お棺がガタンと落ちてしまいそうだ、
自分の黒靴に始まり、母の黒いスニーカー、火葬場スタッフの大きすぎる靴と、なにやら足元が気になった弔いだった
その夜、風呂に入った時に、頭の中をメロディがよぎった。
それは、めったに歌なんか歌わなかった父ハム夫くんが、数十年前によく風呂場で歌っていた曲だ。
ナミダ君がどーたらこーたら、サヨナラ♪とかいうポピュラーソングだ。
そっと小さな声で歌ってみる。
大きな声で歌っても、耳の遠い母チコちゃんには聞こえないのだが。
第98話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記