2018年09月24日

第104話「日常生活が冒険」

104.jpg

四十九日法要後も、僕ひとり残って母チコちゃん(86歳)との短期同居をするつもりだったが、その翌日妻と一緒に帰ることにした。
この一年に六度に渡る遠距離介護ツアーの疲れなのか、ほとんど会話にならない無限ループ発話状態の母チコちゃん(86歳)とこれ以上過ごす自信がないからだ。
まだ父ハム夫くん(享年94歳)が存命だった頃と比べて、母チコちゃん(86歳)と過ごす時間は256倍の疲れを感じる。
時間と空間の認識に大混乱を起こしつつある母チコちゃん(86歳)の日常生活は、ある意味大冒険の毎日なのだ。
日常生活の冒険」という小説があったが、母チコちゃん(86歳)の場合「日常生活が冒険」なのだ。

の日常。
母チコちゃん(86歳)の一日は、仏壇の父ハム夫くんへの挨拶から始まる。
電池内蔵式のロウソクと線香だから、火事の心配はないと安心していたら、家中に線香の香りが漂っている。
どこからかマッチを持ち出し、自分で点火したようだ。マッチの燃えカスが落ちている。
マッチはどこから出してきたのか不明である。この家は、よくモノがなくなるが、どこからかいろんなものが出てくる家でもある。
カン!キン!カン!キン!耳の遠い母チコちゃん(86歳)は、おりんを激しく打ち鳴らす。
たぶん家の外にも聞こえているだろう。その姿と音量はまるでフリージャズのドラマーみたいである。

の日常。
スーパーの海老の広告に見入る母チコちゃん(86歳)。これまで海老アレルギーの父ハム夫くん(享年94歳)の手前、海老をガマンしていたのだそうだ。
立ち寄ったコンビニで冷凍海老ピラフがあったので、電子レンジで解凍調理して出したら、おいしそうに食べている。
これからは気ままな一人暮らしだし、コンビニの冷凍食品利用もすすめたが、それはどうやら難しかった。冷凍食品は自然解凍するものと認識しているのだ。そもそも電子レンジで解凍する感覚がない。じゃあ、何のためにかと問うと、「殺菌のためじゃ」と答える。
それで、母チコちゃん(86歳)がいつも買って来た握り寿司をいきなり電子レンジに突っ込む意味がわかった。生ものを殺菌しているつもりのだ。
テレビでは地元ローカル局のワイドショーをやっている。
中年の男性コメンテーターの顔に見覚えがあるなぁと思ってよく見たら、数十年前のアイドル歌手だった。今は地元でこのような芸能活動をやっているのかと、少しばかり感慨に耽るのだった。
あんまり面白くない番組なので、BSやらCSのチャンネルに切り替えてみるが、母チコちゃん(86歳)にはBSもCSもない。ただいたずらにリモコンをいじっている、そのリモコンも、どこかに置き忘れて、しばしば消えてしまう。

の日常。
寝室にはキチンと布団が敷いてある。
しかし、エアコンは冷房ガンガン、布団の下には電気毛布のスイッチが入った状態だ。暑いのか寒いのか、どっちなんだ?母チコちゃん(86歳)にきいても意味がわからない。
トイレの前にはコタツ板が立てかけてある。そうするワケをきいたら、トイレの窓から誰かが入って来そうだから、ということだった。
階段は転倒の危険もあるので、一階で眠るように言っても、頑としてきかずに二階の部屋に行く。
これも、一階は出入り口が多くて誰かが入って来そうな気がするからという理由だった。
他にも、台所の火のつけっぱなし、水の出しっぱなしもしょっちゅうである。
そのたびに注意すると「なんでこの歳になって小言をいわれるんじゃ〜」と怒る母。もっともではある。
しかし、日常生活がだんだん営まれなくなっているのも事実である。
それに朝昼晩問わず、永遠に続くわけのわからない会話の無限ループ。

翌朝、母チコちゃん(86歳)は眠っている間に猫にひっかかれたキズだらけの顔で、妻と僕が乗ったタクシーに手を振り、見送ってくれた。
まぁ自力で立って見送れるだけで、たいしたもんだと思う事にしよう。
第105話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年09月17日

第103話「手ブラで四十九日」

103.jpg

第六次遠距離介護ツアーのメイン行事である四十九日法要を明日に控えた夕暮れ時、妻が仕事を午前中で切り上げてH県M市までやってきた。
ボクだけH県M市に先乗りして、相続関連手続きなどあれやこれやをやりつつ、果てしない母チコちゃん(86歳)とのエンドレス会話に疲れはてていたので、助っ人妻が来てくれて心底ホッとした。
以下は妻とのボーッとしながらの会話。

妻「お疲れさん」
僕「うんホントに疲れたよ、父ハム夫くんがいた時の方がまだ楽だったよ」
妻「お義父さんはちゃんと論理的な会話ができてたもんね」
僕「うん、母チコちゃんの場合は支離滅裂の無限ループ会話だからね」
妻「まぁいろいろあったけどお義父さんをちゃんと送ってあげてよかったね」
僕「うん、まぁこれからどーなっていくかはわからないが一区切りはついたかな」
妻「明日着ていくワイシャツと靴と靴下もお義父さんのを借りて行くし、きっとお義父さんも喜んでるわよ」
僕「うん、明日の法要の会場も、その後の会食の場も妹U子がおさえてくれたから、あとは直接会場に行くだけだよ」

そんな時に妹U子からLINEで連絡があった。
妹「遺影お骨法名はどうする?」

おおっ、ボーッとしてすっかり忘れていた!
もう準備はすんだと安心して、このままでは手ブラで四十九日法要の会場に行くところだった。
手ブラといっても、グラビアのポーズではない。
そんなくだらないことを考えながら、明日に備えて遺影とお骨と法名の準備にかかる。
遺影は天井近くの場所に置いてあるので、明日やってくる妹U子の長身のセガレにまかせよう。
お骨はけっこう重いので、力自慢の妹U子にまかせよう。
法名は仏壇の中にしまってあるのを発見した。これは軽いので自分で持って行く事にする。
そんなこんなで、法要にやって来たのが坊守さんだったのを気にする親戚のオジサンもいたが、翌日の四十九日法要は無事にすますことができた。
次の行事は一周忌
その時まで喪服は実家に置いておくことにする。
リスが餌を隠してその後どこに隠したかを忘れてしまうように、母チコちゃん(86歳)はなんでもかんでもしまいこんで行方不明にしてしまうので、服の上に「これは息子の服です」と書いた紙を貼っておく。
果たして次にくるまでにこの状態のままかどうかは確信がもてない。クリーニングにでも出して、その事自体ををすっかり忘れてしまうかも知れない。
四十九日法要の翌日、妻は帰京するが、まだ僕はしばらくM市に残って、残務整理しつつ、母チコちゃん(86歳)との短期同居が続く。
第104話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年09月10日

第102話「連日の市役所通い」

102.jpg

前回の第五次遠距離介護ツアーから撤収して一ヶ月もたたないうちに、第六次遠距離介護ツアーにやってきた。
これまでは二ヶ月に一度くらいの頻度だったから、まだ前回の疲れがとれていない。
なんといってもH県M市は800キロの彼方である。移動するだけでも疲れる。
今回のメイン行事は、前回の遠距離介護ツアー中に亡くなった父ハム夫くん(命日は93歳の誕生日の三日前だが、享年は94歳)の四十九日法要だが、他にも様々な手続きもあるのでボクだけ一週間前に先乗りした。
その間、ほぼ毎日M市役所に通った。
なにごともルーティンワークになってしまうと面白みに欠けるので、市役所に行くのも、徒歩で行ったり、自転車で行ったり、バスに乗ったり、いろいろな手段を使ってみた。あまり気が進まない案件でも、目先を変えれば少しは気休めになるというものだ。
市役所に行って、最初にやらなければならないのは母チコちゃん(86歳)の印鑑登録関連。
これがないと、相続関連は何も進まないのだ。
ただ単に、実印にする印鑑を持って市役所に行けばよいと思ったら、そんなに簡単ではなかった。
登録申請の際、本人の運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの官公庁が発行した身分証明書提示が必要なのだが、母チコちゃん(86歳)は持っていない。
そこでボクが代理人申請をすることになる。
実印と代理人の印鑑を持って市役所の窓口で申請したら、後日、照会書が母チコちゃんに送られてくる。
その照会書に母チコちゃんが署名して押印したものを、窓口に持参すれば一件落着…かと思ったらそうでもない。
代理人が行く場合は委任状が必要になるのだ。もちろん代理人の本人確認書類も必要である。
ふーっ、これでなんとか母チコちゃん(86歳)の印鑑登録が終了。
今後は交付された印鑑登録カードでいくらでも印鑑証明書の申請ができる。さっそく今後の相続関連手続きに使うために三通取得する。
考えるに、今後もいろんな場面で母チコちゃん(86歳)の身分を証明する必要が出てきそうなので、それに備えてマイナンバーカードを作ることにした。
その前に、通知カードの確認である。
母チコちゃん(86歳)にきいたら「そんなもんは知らん」と予想通りの返答だった。
またしても市役所に行き、マイナンバー通知カードの再発行申請をしたら、個人番号カード交付申請書なるものを渡された。
受け取った用紙にはQRコードがあり、これを利用すればスマホから申請できるとのことなので、iPhone SEでやってみることにした。
さっそくiPhone SEで母チコちゃん(86歳)の写真を撮る。これをQRコードでアクセスしてアップロードすれば手続き終了のはずだ。
iPhone SEのカメラで用紙のQRコードを読み込む…がっ、しかし!読み込めない!
iPhone SEじゃ古すぎてダメなんだろうか?いや、以前にこれより古いiPhone 5SでQRコードを読み込んだ記憶があるから、ハードの古さの問題ではない。
ハードじゃなければソフトである。
胸に手を当てて考えたら、iOSのバージョンに思い当たった。
iOS11以降なら標準カメラでQRコード読み取りができるのだが、ボクのiPhone SEのiOSは11以前であった。
それならiPhone SEのiOSをアップグレードすればいいようなものだが、現行のバージョンでないと動かないアプリをインストールしているのでそれはできない。
そんなわけで、今回の第六次遠距離介護ツアー終了後に自宅のMacでアクセスする事にした。しかしながら、申請後は母チコちゃん(86歳)のところに通知ハガキが届き、それを持ってまた市役所に行く手順である。
まだまだ市役所通いは続く。
そんなこんなで、連日の市役所通いで市役所滞在時間も長くなる。
いろいろ待つ間にロビーのフライヤやら何やらを見ているのも楽しい。来年には妖怪関連のミュージアムができるとか、地元出身のビジュアル系歌手のCDリリースのお知らせもある。
その歌手のビジュアルは妖怪にも負けないようなド迫力である。陰ながら、曲が大ヒットすることを祈ってみた。
第103話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年09月03日

第101話「2003年のゴミ出し」

101.jpg

毎回のように予想外の展開になる遠距離介護ツアーだが、今回ほどの想定外は初めてだった。
まさか、父ハム夫くんが93回目の誕生日を二日後に控えた朝に逝ってしまうなんて思いもよらなかった。
そんなわけで、これから独身生活をおくる母チコちゃん(86歳)を一人にして帰京するのは、後ろ髪を引かれる思いだが、いつまでもここH県M市に滞在するわけにもいかない。
いくら売れてないマンガ家でも、少しは原稿を描かねばならぬ。
とは言え、M市を離れる前にできることはやっておくのが、遠距離介護者の仕事だ。
まずは、たまったゴミを出しておくこと。
壁に貼ってあるM市のゴミ出し分別マニュアルで確認する。
これがまた細かく分類されていて、壁の図表を見てもよくわからない。
母チコちゃんにきいたら「まちがったゴミを出したら収集車はゴミ袋を置いて帰ってしまうが、そのうち持っていくよ〜」との大胆な発言。
分類も複雑だが、指定ゴミ袋も多種多様で、指定袋番号と袋の色で、これまた細かくわかれている。
なんとか指定のゴミ袋に分別したゴミを詰め込んで、ゴミ集積所に足を運ぶ。
集積ボックスの前に立つと、何か違和感がある。
ボクの持っているゴミ袋の色は赤色だが、集積ボックスの中のゴミ袋は全て水色だ。
これは何かがおかしいと感じ、もしかしたらゴミ出し表を見間違えたのかと、家までゴミ袋を持って戻る。
壁の表を見たが、確かにきょうは赤いゴミ袋の日だ。さらに表を凝視したら、右下の小さな数字が目に入った。
そこには、2003年版M市ゴミ分別表と記してあるではないか!
あわててiPhoneを取り出し、M市のウェブサイトのゴミ関連ページでゴミ分別表pdfをを表示してみたところ、なんと!壁の表と最新版の表の内容は、ほぼ同じではあるが、曜日や分別がビミョーに違っているではないか。
そういえば以前、介護所スタッフから、お母様がご近所とゴミの事でトラブルがあったみたいですときいたことがあった。2003年版のゴミ分別表を見てゴミ出ししたら、そりゃ問題ですがな。
母チコちゃん(86歳)の生活は、数十年前の段階でストップしていて、愛用する冷蔵庫の中には、前世紀の食品が入っていたこともあるから、それに比べれば新しいが、それでも2003年版である。
15年前の事など、母チコちゃん(86歳)にとっては、つい先日の事なのかもしれない。
このままにしておくわけにもいかないので、市役所に行って2018年版ゴミ出しマニュアル表をもらい壁に貼り、実家をあとにしたのだった。
新しい物事が覚えられない母チコちゃん(86歳)は、目の前に何か目新しいものがあると隠してしまう傾向がある。はたして、次回の第6次遠距離介護ツアーで実家にくるまでの間に、この新しい表がこのままあるのか。
第102話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記