2017年09月21日

第28話「ご近所見守りシステム」

028.jpg

父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が暮らす実家の前は美容院である。
玄関の真正面に美容院のガラス張りの入り口がある。
美容院のオーナーは、お客さんがいない時はガラス越しに外を見ていることが多い。幸か不幸か、この美容院は常時お客さんでいっぱいということはあまりない。
ということは、我が家の玄関をいつも見守ってくれているということだ。
民間の見守りサービスより、よっぽど頼りになるではないか。
先日などは、父ハム夫くんが昼寝中に母チコちゃんが出かけてしまい、急に目覚めたハム夫くんが不安になりあわてて外に出てキョロキョロしていたところを、美容院のマスターM氏が見かけて店の中に呼び入れ、お茶をふるまって落ち着かせてくれたそうだ。
見守りだけでなく、保護もしていただき感謝である。
やがて落ち着いた父ハム夫くんは、なぜか「ヒゲをあたってくれ」とリクエストしたそうだ。
美容院のマスターM氏は「ウチは美容院なのでカミソリは使えないんですよ」とお断りされたそうだ。
しばらくして、母チコちゃんも帰宅し、事なきを得たのだった。
今回のエピソードはまさにご近所見守りシステムが機能したといえる。
これだけ有用な見守りシステムを民間業者に依頼したらけっこうな料金がかかる。その代わりと言ったらアレだが、遠距離介護ツアーで実家に行くたびに、この美容院でカットしてもらうことにしたのだった。
(第29話に続く)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]