2017年09月25日

第29話「フリーWi-Fi訪ねて三千歩」

029.jpg

第二次遠距離介護ツアーも、十日も経つと帰ってからの仕事の進行が心配になってくる。
父ハム夫くん(92歳)も母チコちゃん(86歳)も、今後ますます二人だけで生活するのは困難になるだろうから、次回の第三次遠距離介護ツアーはもっと長期間の実家滞在になる可能性が高い。
今回は手ブラで来たが、次回はMacBook持参で、少しばかり仕事もしてみようかと思う。
その際、インターネット接続は必須である。
しかし、ここH県M市の実家にネット環境はない。
ないのなら、探してみせよう、Wi-Fiを
ここのところ運動不足の生活だったし、フリーWi-Fiスポット探してウォーキングがてら外に出てみた。
コンビニやファーストフードのWi-Fiスポットはいくつかあったが落ち着いて仕事ができる雰囲気ではない。適当に歩いていたら市内の中心部にやってきた。市役所ロビーで接続できるようだが、やはりここも落ち着けない。隣の警察署の脇の路地を通り抜けたら、なにやら記憶にある家が見えた。中学時代の同級生H田くんの家ではないか。H田くんとはもう50年くらい会ってないが、実は不思議なご縁がある。現在、彼の息子さんが、ボクの某デジタル仕事の担当者なのだ。
そんなことを考えながら歩いていたら、ショッピングモールBBの前に出た。
入り口にフリーWi-Fiスポットのステッカーが貼ってある。
椅子とテーブルが配置された中央広場がWi-Fiスポットで、ほとんどの人が大型テレビを見ているだけで誰もネット接続している様子はない。試しに持参のiPad miniでつないでみたら予想以上の速度でネットにつながっている。セキュリティ面では問題があるかもしれないが、H田くんのご子息にデータを送ることはできるだろう。
そんなことを考えつつ家に帰って、iPhoneのヘルスケアで歩数を確認したらちょうど三千歩。
フリーWi-Fiスポット探して三千歩のウォーキングなのだった。
(第30話に続く)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]