2017年09月29日

第31話「アヒル声で怒りの電話」

031.jpg

第二次遠距離介護ツアーの日程も終盤にさしかかり、今のうちに出来ることをやっておく日々が続く。
きょうは通帳の自動引き落としのチェックだ。
毎月、公共料金などが銀行の口座から引き落とされているが、その中には詳細不明のものもいくつかある。
しゃれたカタカナの名称なので何かと思ったら、互助会だったりするのがちょっと笑える。
毎月けっこうな額が引き落とされているもののひとつは、どうやら何かの保険の掛け金らしい。
前述の互助会にしても、この保険らしきものにしても、「契約書はどこにある?」と父ハム夫くん(92歳)にきいても、母チコちゃん(86歳)にきいても、「知らん!」と一言。
引き落とされてるのだからなんらかの契約はしているのだろう。
そこで思い出したのが、第22話「書留を待つ日々」の回に出てきた保険会社からの契約者宛ダイレクトメールだ。状況から考えるに、この保険会社からの引き落としではなかろうか。
問い合わせコールセンターに電話をかけてきけば、詳細が判明するかもしれない。
電話急げ…いや善は急げでさっそく電話してみた。しっかし我ながらとんでもないフレーズを出してしまった。「電話急げ」なんていまどき誰も言わないぞ、と。
電話した結果は、まったく収穫なし。
コールセンターのオペレーターは、本人でないと契約状況は開示できないの一点張りなのだ。こちらも「でも父は耳が遠くて電話で会話が出来ないんです」の一点張りで、無限ループの会話が続く。
ダイレクトメールに発送元住所があったので「よっしゃ、わかった!じゃあ今からそっちに行くからな!」と言って捨てセリフを残して電話をたたきつけたのだった。
まっ、実際は行きませんが。それに発送元は外部の業者さんだろうしね。
それにしても電話口で、口をとんがらして怒鳴っていたせいで、アヒルみたいな口になってしまったよ。
保険会社との戦いは、また後日にガーガーガー。
(第32話に続く)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]