2017年10月23日

第41話「三日で二度転倒」

041.jpg

父ハム夫くん(92歳)が三日で二回転倒した。
それなのに、母チコちゃん(86歳)は、この事を全然心配していない。
第1回目の転倒は、父ハム夫くんの居室で転倒したらしい。
らしいというのは、誰もそれを目撃していないからだ。
母が買い物に行って帰ってきたら、畳に突っ伏して倒れていたのだ。
そこで母がとった行動は119番に電話ではなくて、地域包括支援センターに走っていき、いつもお世話になっているTさんに知らせたのだった。
すぐにTさんと保険師さんがかけつけ応急処置をしてくれたのだが、この件に関してボクが知るのはしばらく後になる。
センターに帰ってから、Tさんがボクに電話をしてくれて事の顛末がわかったのだが、頭をうった可能性もあるから病院に行った方がいいのではとTさんが母に言っても、母は「大丈夫、大丈夫よ」と言うばかりだったらしい。
その翌々日、母の留守中にまたしても父は転倒した。
今度は台所で、コーヒーメーカーが割れて床に散乱し、そこに尻餅をついた状態だったらしい。
今回は、近所に住む親戚のS子さんの知るところとなり、病院には行かなくていいよという母を説得して、クルマをぶっとばして外科まで連れて行ってくれたのだった。
幸い、骨には異常がなかったものの打撲は相当はげしかったようだ。
転倒して数日後に実家に行った妹のU子が、父の傷跡を撮影してLINEにアップしてくれた画像を見ると、小指から上腕部にかけて内出血していて痛々しかった。
母に電話して「次にこんな事があったら救急車をよぶんだよ」と助言したが、「大丈夫、大丈夫」という返答だった。
大丈夫と言う母チコちゃん自身が、全然大丈夫じゃないのではと思う遠距離介護者のボクだった。
八百キロ離れた両親が住むH県M市は遠い。
第42話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]