2017年10月30日

第44話「クブンヘンコーシンセー」

044.jpg

利用している介護事業所から連絡があり、母チコちゃん(86歳)の「クブンヘンコーシンセー」をしたいとの要望があった。
クブンヘンコーシンセーとはなんぞや?
事業所との会話では、クヘンとも略されているようだが、もちろんバームクーヘンとは何も関係がない。
だんだん話しているうちにどうやら区分変更申請らしいとわかってきた。
要するに、現在要支援1で介護サービスを受けている母チコちゃんだが、支援1には相当しないと介護事業所が判断したのだ。
なぬ〜っ、それってまた申請書を出して、訪問調査に立ち会い、介護認定通知を受け取り、介護サービスの契約をするという、あの一連の流れをもう一度やるということなのか?
これまで第一次と第二次の遠距離介護ツアーでいろいろやったことがリセットされるなんて、あの大騒動はいったい何だったんだよ〜!と叫びたいのをジッとこらえて、「わかりました」と答えたのだった。
さっそく申請手続き開始である。
申請書の提出手続きは、実家からクルマで1時間の所に住んでいる妹U子にたのむとして、訪問調査のほうは、前回は近所に住む親戚のS子さんに立ち会ってもらったので今回はボクが行くしかないだろう。介護認定通知の郵便は、前回は父ハム夫くん(92歳)が受け取ってどこかにしまいこんでしまい大探しをしたが、あれ以来郵便物は妹U子のところに転送するようにしたので、今回は大丈夫だ。
こうして、第三次遠距離介護ツアーへの道が開かれた。
やれやれ、いつまでこんなことが続くんだよ、というココロのつぶやきツイート。
第45話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]