2017年11月17日

第51話「二度目の訪問調査」

051.jpg

いよいよ第三次遠距離介護ツアーのメインエベント、二度目の介護認定訪問調査である。
四ヶ月前の訪問調査は、近所に住む親戚のS子さんと、実家からクルマで1時間の所に住む妹U子に立ち会ってもらったので、ボクが立ち会うのは初めてのことだ。
まさかこんなに早く介護認定区分変更申請という事態になるとは思わなかったというのが正直な気持ちだ。
約束の時刻になってやって来たのは、現在契約中の介護事業所の管理者と担当のケアマネさんの二人だった。たしか五ヶ月前の訪問調査では市から委託された調査員が来たとの事だったが、今回はそうではないということなのか。本日の主人公、母チコちゃん(86歳)は、この二人の事は覚えていないようだ。説明しても「覚えとらんよ」の一言で片付けられた。
まずはお決まりの「今日は何月何日ですか?」から始まる。
ところが今日の母チコちゃん(86歳)は、これまでのテスト時とは違い調子が悪そうで、いきなり「○月○日」と答えるが、月も日もデタラメだった。
たまたまこの週に、母チコちゃん(86歳)の誕生日があったので。次の質問は「誕生日はいつでしたか?」というものだった。
これに対しても「いつだったか…昨日か…」というおぼろげな答えだった。正解は一昨日なのにね〜。
「買い物は一人で行けますか?」の問いには「ハイ!毎日Aストアまで歩いて行ってます」と答える。うむ、これは合ってるぞ、やっと調子が出てきたもよう。
しかしそれに続いて「BBプラザやグリーンモールにも行きます、帰りは荷物があるのでタクシーで帰る事もあります」と言うではないか。ウソつけ〜っ!そんな遠いショッピングセンターにはもう何年も行ってないだろが〜っ!とはボクのココロの声。
受け答えは普通なのでうっかり信じ込んでしまいそうだが、このての作り話というか妄想というか勘違い思い違い前提の会話が頻繁にあるのが、母チコちゃん(86歳)の会話の特徴である。それにしても、帰りはタクシーだなんて妙にリアルなところがある意味すごい。
今の答えは事実ではないですよと、調査中のケアマネさんに目配せでサインを送る。相手もプロだから、このての会話には慣れているようで、こちらにうなずきかえすのだった。
訪問調査終了後、母には別室にひっこんでもらって、ボクとケアマネさんでの打ち合わせ時に、施設の申し込みだけでもしておいたらとの助言があった。
その際ケアマネさんが、母が住む町内にあるサービス付高齢者住宅を例に出したところ、ケアマネさんの横にいた介護事業所管理者が「ウチの系列にも施設があります!」と割り込んで来る。まぁ、営業上は当然の反応である。
う〜む…。
今まで在宅介護の事しか考えていなかったが、施設を検討する段階に入っているのかと、ちょっとショックをおぼえるのだった。
訪問調査を終えて去って行く二人を見送る母チコちゃん(86歳)は、ボ〜ッとした様子で立ちすくんでいる。これまで来客があった時は必ずお茶の用意をしていたのだが、そのようなこともできなくなっているのかもしれない。
さて、この後は介護認定審査会の判断を待つしかない。結果通知は来月くらいということで、とてもそこまでは滞在出来ないが、父母が出来なくなっている雑事をこなすことにしよう。
第52話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]