2017年11月20日

第52話「介護サービス生活日常」

052.jpg

遠距離介護者にとって一番わからないのが、父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)の日常生活だ。
契約している介護事業所のスタッフが毎日服薬確認に来ているので、一番父母の日常を知っているのだが、一方父母の方はなぜ介護事業所のスタッフが毎日来るのかは全然理解していない。
父母に「昨日は誰が来た?」と問いかけても「さぁ…誰かわからん」との答えしかかえってこない。そもそも顔も名前も覚えていないようだ。
遠距離介護者としては、短期滞在期間中にできるだけ父母の日常を把握しておきたいのだが、こんな会話が続くのでなかなか要領を得ない。
こうなったら、来訪するスタッフさんにきくしかない。
と、ある日の朝、やってきた女性スタッフさんの顔には見覚えがある。3ヶ月前の第二次遠距離介護ツアー時に会った気がするが、どこかが違う。そうだ、あの時はメガネをかけていたので、今と印象がちょっと違ったのだ。
その事を話すと「夜勤明けの時はメガネをかけるんです」との事だった。
なるほど〜ひとつ勉強になったと感心する。何の勉強かはわからないが。
父母の日常をきいたら「ちゃんと薬は飲まれてますよ」とのこと。そう言いながらも口をモグモグしている父ハム夫くん(92歳)の口元を凝視しているのはプロの技か。
他のある日は男性スタッフ。この人にも見覚えがあったが、ヘアスタイルが以前よりだいぶ変化していてすぐにはわからなかった。
「髪切った?」とタモリみたいなことを言ったら、「昨日ファミレス○○にいませんでしたか?」と返ってきた。確かにいた。店内でフリーWi-Fiが使えるらしいので行った店だ。狭いH県M市のことだから、どこで見られているかわかったものじゃない。
またまた他のある日の朝。
この日は数人のスタッフさんがドヤドヤと入ってきた。
おりしも母チコちゃん(86歳)の誕生日で、お祝いに歌のプレゼントとして玄関先で「ハッピーバースデートゥーユー」の合唱。歌う方も、歌われる方もなんとなく気恥ずかしい雰囲気で、歌が終わったときには全体が安堵の胸をなでおろしたのでありました。拍手パチパチ!
歌に続いて、お祝いの色紙もいただき、うれしそうな母チコちゃん(86歳)だった。
今も色紙は部屋に飾ってある。
イラスト入りで、けっこう丹念に手が入った力作である。しかし、よ〜く見たら「誕」の字が誤字だった。
ここの事業所、契約書にも誤字があり指摘したことがある。小さな事は気にせず、おおらかな社風なのかも知れない。
結局、父母の日常生活の詳細はよくわからないのであった。
(つづく)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]