2017年11月29日

第56話「道具が使えない母」

056.jpg

父ハム夫くん(92歳)も母チコちゃん(86歳)も、まだ自力で歩けるし、自力で食べる事もできる。
しかし、この数ヶ月でめっきり道具類が使えなくなってきている。
母チコちゃん(86歳)は掃除機がうまく使えない。
いや、掃除機そのものが見当たらない。これまで三回の遠距離介護ツアーを挙行したが、その間に一度も掃除機の姿を見かけたことがない。掃除機のかわりに床の上を転がすコロコロみたいなものでごまかしているようだ。
ボク自身、あんまり清潔第一な方ではないが、猫の毛は落ちてるし、ホコリも床の上にたまっているしで、さすがに気になるレベルだ。
身の回りだけでも掃除をしようとしたら、掃除機がどこにもないのだ。
掃除機はどこにあるかを母チコちゃん(86歳)にきいても要領を得ない。
しばらくして、母チコちゃん(86歳)が「これならあるよ」と持ってきたのは布団乾燥機だった。
どこから出してきたのか、掃除機のノズルも手に持っている。
でも布団乾燥機に掃除機のノズルを無理矢理つけても掃除はできない。そもそも径が違うから接続は出来ない。なんとかノズルをつなごうと努力している母チコちゃんの姿は、マルクス兄弟のハーポみたいな動きをしていて、おかしいやら情けないやら、「もういいから」と母チコちゃんのムダな努力をやめさせた。
そのままではどうしようもないので、台所の隅っこにあった小さなホウキとチリトリで最低限の掃除らしきものをしたのだった。
結局、第三次遠距離介護ツアーでボクが滞在している間には掃除機は出てこなかった。
さて、この掃除機問題の後日談。
妹U子が家の中を整理していたら掃除機が二台も出てきたのだ。
もはや、母チコちゃん(86歳)は、道具を自分でどこにしまったのかも思い出せなくなっているようだ。そういえば、マルクス兄弟にはチコという名のメンバーもいたな、などとどうでもいいことを考える遠距離介護者だった。
第57話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]