2017年12月15日

第61話「第三次遠距離介護まとめ」

061.jpg

約二週間に渡った第三次遠距離介護ツアーも、介護認定訪問調査立ち会い、介護事業所との打ち合わせ、金融機関巡り、必要な支払い、各種手続き等々ほぼ片付き、終わりに近付いた。
あとは目につく細々とした雑事をこなすだけだ。
そんなこんなで、今回の第三次遠距離介護ツアーの反省をしてみる。
まずは全体の総括。
約二ヶ月前の第二次遠距離介護ツアーとの大きな違いは、父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)の、生活の質の低下、Quality of Lifeとは略称QOLってやつだ。
以前は、二人を遠くから見守ればよかったが、今回は常に二人に目配りしつつ、後を追いかけ手助けしなければいけない場面が増えた。
母チコちゃん(86歳)はますます時間を超越するようになり、冷蔵庫の中は期限切れの食品だらけだ。
父ハム夫くん(92歳)は空間も超越するようになり、ゴミを集積場に持って行かずに、近くに住む親戚のS子さんの畑に穴を掘って埋める姿を何度も目撃されている。
周囲のハラハラをよそに二人はケロッとしている。
ある意味、時空を超えて生きる父母は悟った禅僧のような境地かもしれない。
禅問答のような会話を、何度も何度も何度も…しても倦む事はない。
しかし、同じことをきく繰り返しに耐えられないこちらは悟れない。
自分の人間としての器の小ささを実感する。介護とは修行なのか。
そんなこちらの気持ちは全く気にせず、母チコちゃん(86歳)は、父ハム夫くん(92歳)を介護している気になっている。
例えると、以前は小学高学年の母チコちゃん(86歳)が、小学低学年父ハム夫くん(92歳)の世話をしているイメージだったが、今は小学低学年の母チコちゃん(86歳)が、幼稚園年長の父ハム夫くん(92歳)の面倒をみている感じだ。
今後は、幼児の母チコちゃん(86歳)が、乳児の父ハム夫くん(92歳)を介護するような流れになるのだろうか。あれこれ考えても仕方がないので、今は保留しておく。
第三次遠距離介護ツアーの新しい試みで一番の失敗は耳栓。
耳の遠い二人の爆音テレビ音対策用に持参したのだがあまり役に立たなかった。やっぱり100円ショップの耳栓じゃダメだったか。
MacBook Proを持参して仕事をする作戦は、まぁまぁ成功した、とはいっても、当初予定した2割くらいしか進行しなかったのは反省点だ。
と、反省点をメモっていたら母チコちゃん(86歳)が、先日の自分の誕生日の話を何度もし始めた。ハッピーバースデーの歌で、最後の名前の前に出て来る歌詞の意味がわからないというのだ。おそらくdearチコちゃんの部分のことだろう。発音と意味を教えてやったら「イヤー♪チコちゃん」だと思っていたと嬉しそうに言うのだった。ハッピーニューイヤーと混同していたのかも。横で父ハム夫くん(92歳)も、この会話が理解出来たのかどうかは不明だがニコニコしている。
まぁいろいろあったが、本人たちが全然悩んでいないんだから、遠距離介護者のボクがあれこれ反省したり悩んでもしょうがないなと考え、これ以上第三次遠距離介護の総括と反省なんてしないことにした。
第62話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]