2017年12月29日

第65話「ウクレレライブと介護認定」

065.jpg

第三次遠距離介護ツアーにはウクレレを持参した。
介護ツアーを終了して帰京後に、ちょっとした会合でウクレレを演奏する予定があったからだ。これに備えて実家で介護生活を送りながら、ウクレレの練習もしようと思い、楽譜もスキャンしてMacBook Proに入れて持って行ったのだ。
しかし介護ツアー中に一度もウクレレに触れる事はなかった。
もちろん、24時間ず〜っと父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)と向き合っているわけではないから、ウクレレを触る時間はある。
しかし、ひとつ屋根の下に2週間もダブルボケボケコンビと一緒に暮らしていたら精神的に疲れてしまい、とてもウクレレをポロン♪と奏でる元気は出ないのだ。
そんなこんなで介護ツアー中は全く練習せず、帰京後に当日会場で相棒と落ち合いぶっつけ本番になってしまった。
会場では、このブログ『KAIGO日和』を見てくださっている人にもお会い出来、とりあえず100話まで続けて書籍化だ〜っと盛り上がり、リラックスして演奏にのぞんだせいか、後日録音した音源を聴いたらそれほどひどい出来でもなかったのでひと安心した。まさに自画自賛というか、自音自賛のウクレリアンである。
音源には入っていなかったが、演奏中に胸ポケットに入れていたiPhone SEが着信していたようで、着信履歴をみたら介護事業所のケアマネさんからだった。
何かあったのかと折り返し連絡したら、母チコちゃん(86歳)の要介護認定区分変更決定のお知らせで、結果は要支援1からまさかの要介護2になっていた。
ちなみに認定結果は、要支援1から要支援2、要介護1から要介護5まで順に重い度合いになっていく。
今までは要支援1の母チコちゃん(86歳)が要介護1の父ハム夫くん(92歳)の面倒をみていたのだが、これからは要介護2の母が要介護1の父の面倒をみるという逆転した構図になる。ケアマネさんも区分変更後は要介護1程度と思われていたようで、お互いに驚きの感想を述べあう。
きくところによると、その時の介護認定審査会のメンバー構成によっても、判断は大きく変わるそうだから、こんなこともあるんだろう。ホント、この介護ってやつは毎度予想外の展開でビックリすることが多い。ノンキにウクレレを弾いてる場合じゃないね。
てなわけで、もうすぐ新しい年が明けて、遠距離KAIGO生活も足かけ2年目を迎える。
全国の遠距離介護者の皆さん、よいお年を!
(つづく)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]