2018年01月29日

第70話「認知症サポーター」

070.jpg

遠距離介護者としてKAIGO生活をはじめて以来、KAIGOに関連する文言に敏感になっている自分に気付く。
今回は区のウェブサイトで「区のお知らせ」PDFを見ていて、『認知症サポーター養成講座』という文字が目に飛び込んできた。
認知症サポーター養成講座?
略してニンサヨウ?
いや、なんでも略称にする傾向にあるKAIGO業界だが、そんな略し方はない。
内容を読み込んでみると、認知症サポーターとは、「認知症を理解し、地域で自分なりにできることを実践する人」のことのようだ。
さっそく申し込もうと、登録フォームを探したが見つからない。
介護関連での諸手続きでありがちなのが、ハガキか電話のみ対応というものだが、今回は電話だった。
電話をかけるのも面倒だが、受けるほうも毎回同じ問答を繰り返し、面倒だと思うのだがどうなんだろうか。
しかたないので、電話口で名前と年齢を言ったら、後は当日会場に来るだけでいいとのこと。こんなことなら当日先着順でいいんじゃないかとも思う。
当日、会場に行って受付で名前を名乗ると、申し込み時の電話での聞き間違いで、正しい名前で登録されていなかったが、まぁいいやとそのまま会場に入ったのだった。
けっこう広い会場に参加者はまばらで、やっぱり電話予約なんか不必要で当日直接参加でよかったんじゃないだろうか。
肝心の認知症サポーター養成講座は、机の上に配布された小冊子を教科書にして、90分程度で講師の講義と参考DVDを見るものだった。この小冊子が紙質も印刷もお金がかかってる感じで、こんなことに予算を使うのなら、もっと介護保険料を安くしてくれよと、ちょっと見当違いのグチをココロの中でつぶやく。
DVDのほうは、認知症サポーターのとるべき対応法を寸劇で見せてくれる内容なのだが、このDVDの雰囲気が何かに似ているなぁ、と思って考えたらハタと気がついた。それは運転免許更新時に見せられる交通事故関連の啓蒙DVDのような感じなのだ。
あえて内容については語らない。
つまり、これだけを見ても、あまり役には立たない。
そんなこんなで無事に講座を修了して、帰り際にオレンジリングなるものを手渡された。
べつに記念のお土産というわけではなく、「これを手首に装着して街に出て、サポーターとして活動してね」といった意味合いらしい。
しかし、今までそんな人を見かけたことがないのだが、果たしてどのくらい世の中に浸透しているのだろうか。
ボク自身、その後まだ一度もオレンジリングを腕につけて出かけたことはない。
第71話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]