2018年02月26日

第74話「灯油ストーブが出現!」

074.jpg

連日寒い日が続く日本列島。
父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)の二人が暮らすH県M市の実家も冷え込む日々が続いている。
まだまだ自力で食べて歩ける二人だが、生活道具がだんだん使えなくなってきていて、冬場の灯油ストーブの使用は危険である。
そんなわけでこの冬の寒さ対策の暖房器具は電気製品だけにしていたのだが、ある日のこと、実家の近所に住む親戚のS子さん(75歳)からLINEで連絡があった。
実家の前に灯油配達トラックがとまっていたので様子を見にいったら、なんと母チコちゃん(86歳)が灯油を購入していたとのことだった。
室内には灯油ストーブも設置してあったのだそうだ。
冬を前にして、実家からクルマで1時間くらいの所に住んでいる妹U子が、物置にあった灯油ストーブは持ち帰って処分したはずなのにどういうことなのだろうか?
S子さんが母チコちゃんから聞き出した所によると、ガレージから古い灯油ストーブを持ち出してきたらしいのだ。ハム夫くん(92歳)が運転免許証を返納してからクルマは既に処分していたのだが、ガレージは物置がわりに使っていて、その中にまだいろんなものが置いてあったらしいのだ。
よくきいてみると、灯油と電気を使用するファンヒーターらしい。これなら直火を扱うわけではないので、従来の灯油ストーブよりは安全だろう。少し安心する。
それに灯油を入れるポンプは実家にないようで、親戚のS子さんがその都度自宅用のポンプを持ってきて給油してくれることになり、少なくとも給油時に灯油がこぼれて火事になる危険性は低くなった。しかし、これとて母チコちゃんがどこかでポンプを購入したらかなりまずい。
このような場合、遠距離介護者はなす術がない。
介護と言うと、車椅子をおしたり食事の世話といったイメージがあるが、実はこのような日常生活の小さな危険を取り除いて、見守っていくことこそがキモなのである。
しかし、わざわざファンヒーターに灯油を入れるために800キロ離れた実家に行くことはできない。
遠距離介護者の悩みは尽きない。
第75話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]