2018年03月26日

第78話「第四次遠距離介護ツアーに備えて」

078.jpg

遠距離介護ツアーも第四次ともなると、だいぶ要領がわかってきた。
行くたびに持参する荷物は少なくなるよう工夫している。
これまでの三度に渡る遠距離介護ツアーで、少しずつ衣類を、父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が暮らすH県M市の実家に置いて帰る作戦を実行中なのだ。
しかし、衣類の色には要注意である。
父ハム夫くんは、グレー系の衣類は自分のものだと認識しているようで、ボクのシャツやパンツ(下着の方ね)でグレー系のものは、洗濯した後は自分の衣類がはいったタンスの引き出しにしまいこんでしまうのだ。原色系やボーダー系は好みでないらしく、一緒に洗濯しても見向きもしないので安全パイである。
今回は寒い季節になってから初めての遠距離介護ツアーである。
これまで実家に置いていた衣類は薄物ばかりなので、今回はあらかじめ厚手のセーターやら上着を送っておくことにする。
衣類はこれでいいとして、食器も問題である。
食器棚二つ分の食器があるものの、チマチマした小皿ばかりで、使い難いったらありゃしない。
箸も、なぜかワリバシを食器乾燥機に入れて使っている。ちゃんとした箸がどこかにありそうな気がするが、いままでは発見出来なかった。
当然、フォークもナイフもスプーンもない。
フライパンやヤカンも焦げたあとがあるものばかりで、これもほとんど使い物にならない。
ついでに衣類と一緒に食器関連も送っておくかと押し入れをゴソゴソしていたら、キャンプ用品が出てきた。
これなら通常の食器よりはコンパクトだし機能的でもある。
ついでに寝袋も送っておけば、食べるのと眠るのは大丈夫だ。
遠距離介護ツアーは、一種のサバイバルツアーでもあるので、案外とキャンプ用品は似合っているかもしれない。
さっそくトランクに詰めてみる。
それほど大きいものではないので、さすがに寝袋は入らずあきらめた。両親の住む実家は、屋根はあるのだから、寝袋は大げさだったなと納得する。
そのかわり、まだ少しだけある隙間にレトルトやフリーズドライ食品をつっこんでおく。やっぱりキャンプの荷物みたいになってきた。
あとはトランクをボストンバッグカバーで梱包して郵送するだけなのだが、まだひとつ問題がある。
はたして両親が荷物をちゃんと受け取れるかという問題だ。
これまでも、税金の納付書や介護認定結果書類などが家の中で行方不明になり、大探しした前科があるからだ。
受け取ったトランクを、見慣れないものと認識して、ゴミにでも出されたらたまらない。なにしろ、銀行の預金通帳を生ゴミに出した前科もある、父ハム夫くん(92歳)であるから。
そこで一計を案じる。
実家の近所で暮らす親戚のS子さんの住所に送る作戦である。
これで、実家に到着したら着替えがないと言う最悪の状態にならなくてすむ。
かくして、まわりの人達のあたたかいサポートで、遠距離介護は行われるのであった。
第79話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]