2018年04月30日

第83話「犯人はオレだ!」

083.jpg

眉間にシワを寄せ「空き巣に入られた!」と母チコちゃん(86歳)が言う。
このところ物忘れがドンドン激しくなり、カバンや財布やカギがしょっちゅうなくなり、常にさがしものをしている母チコちゃんだが、空き巣とは尋常でない。
先日も買い物用のカートがないと騒ぎ出し、あげくに「お父さんが隠した!」と激怒したことがある。結局その日は手ブラで買い物に出かけたのだが、いつも行くスーパーに着いてふと出入り口付近を見たら、なくなったはずのカートが置いてあったのだ。なんのことはない、前回の買い物で、カートを持参したのに、忘れて帰っていたのだった。
しかし今回は空き巣というのだから、ちょっと事態は深刻である。
再度くわしくきいたところ「通帳がない」という。
それなら問題ない。
いや、問題大有りなのだが、とりあえずは問題ないということだ。
そもそもボクの遠距離介護ツアーも、昨年父ハム夫くん(92歳)が通帳をゴミに出してしまったところから始まったのだった。
この通帳ゴミ出し事件をきっかけに、実家から約1時間のところに住む妹U子と協議して、通帳は銀行の貸金庫に預けることにしたのだ。このことは母チコちゃん(86歳)にも言っておいたのだが、今ではすっかり忘れてしまったようだ。
通帳が母の手元から消えたことに関しては、「犯人はオレだ!」とココロの中で自白しておこう。
母チコちゃん(86歳)は「市役所か警察に行く!」と息巻いている。まぁどちらに行っても相手にされないだろうが、金融機関に行ったらちょっと面倒な気がする。というのも「私の年金が入る通帳があるはずじゃ。あったら全額現金にして持っておく」とも言っているからだ。
転ばぬ先の杖で、金融機関に事情を説明しておいたほうがいいかも知れないと考え、さっそく母の口座がある金融機関に出かけた。
金融機関の窓口でスタッフにこれまでのいきさつ伝えたが、あまり興味がないようで椅子にふんぞりかえり、フンフンと気のない相槌をうつばかりだ。「もしご本人様がお見えになられた場合は通帳再発行はできます」などと通り一遍な反応でしかかえってこない。
しかし「そうなったら母は全額引き出すと言ってます」と述べたところ、スタッフの態度が一変して急に前のめりになり、「それは大変ですね」と親身になりはじめたのだった。
その後は、なにやらモニタを見つつ現在の口座の状況等も調べてくれはじめた。とはいってもモニタ画面はこちらには見せてくれない。
ボクが「どうやら複数の口座があるらしいのですが?」ときくと「ご本人様以外にはお伝えできません」と言いつつ、手をこちらに差し出す。
片手は五本指を大きく開いて、片手は一本指である。
最初何のことかわからなかったのだが、どうやら口座数が6口あるということのようだ。
その後も対応策についてあれこれきいたのだが妙案はなかった。
唯一新しい提案は第二連絡先設定というものだ。
連絡先電話番号登録が、最近は固定電話と携帯電話の両方ができるが、実家の両親は携帯電話を持っていないので、今までここが空欄だった。この第二連絡先に妹U子の番号を登録して、金融機関をあとにした。
実家までの帰り道、全額おろされてはたまらないとあせったスタッフの表情を思い出して口元がゆるむのだった。
帰宅したら、母チコちゃん(86歳)は空き巣云々のことはすっかり忘れたようでニコニコしている。
犯人のオレは、しばらくは捕まることはなさそうである。
第84話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]