2018年05月21日

第86話「ヤギとデイサービス」

086.jpg

第四次遠距離介護ツアー中にセッティングした、わが父ハム夫くん(92歳)の要介護認定区分変更訪問調査に立ち会った。
日頃はボーッとしていることが多いハム夫くんだが、対外的な面では妙にシャキッとしている。前回の調査でも、訪問者にねぎらいの言葉をかけたりしていたくらいだ。
しかし今回の調査員の「今日は何月何日ですか?」の質問に対して「そんなことはどーでもえー」と答えている。さっきまで新聞を読んでいて「今日は○月○日じゃ」と言っていたのに。
その他の質問も途中からさえぎって「もーそんなことはせんでもえー」と怒り始める。そしておきまりの「もーどーせすぐ死ぬんじゃ、よけいなことはしなさんな」と調査員を追い返そうとする始末だ。
こんな調子だから3週間後くらいに判定される認定結果は、いいはずがない。少なくとも現状の要介護1よりは重くなるだろう。
それまでは新ケアマネさんが立ててくれた暫定プランに沿って介護サービスをうけることにする。
介護用品レンタルに次ぐ介護サービス第二弾は通所介護、いわゆるデイサービスというアレだ。
とはいってもその実態はよくわからない。
ボディに○○デイサービスと書かれたクルマが町中をよく走っているが、実際どんなことをしているのだろうか。
自ら進んで行き楽しむタイプの人もいれば、無理矢理連れて行っても拒否するタイプの人もいるらしい。はたして父ハム夫くん(92歳)はどちらだろうか。大体の想像はつくがダメモトで行ってみることにする。いきなり一人で行くのはハードルが高そうなので、最初はボクも同伴してお試しデイサービスということになった。
さて、その当日。
デイサービスに行く通所介護所からの迎えのクルマがやって来た。
出かけることに対して抵抗するかと思ったら、父ハム夫くん(92歳)はなにごともないようにクルマに乗り込んで行く。あわててボクもクルマに乗り込む。急なことでまだ出かける準備ができていなくて、iPhoneを部屋に忘れてきたのに気付き車外にでようとしたらドアがあかない。迎えの中年女性スタッフが外からドアをあけながら「安全のためこのクルマは内側からドアはあかないんです」と教えてくれる。さすがは介護業者のクルマであるなァと感心する。
現場に向かう道すがら、スタッフさんは運転しながらきょうのデイサービスについてレクチャーしてくれる。
これから行くところには、なんとヤギが数頭飼われているとのこと。元獣医さんだった父ハム夫くん(92歳)なら動物がいるほうがいいのではと、新ケアマネさんがここを選んでくれたのだ。
ヤギが次々と死ぬので獣医さんに往診してもらいたいんですよ〜」とかなり強引な設定をスタッフさんは語りかけるが、父ハム夫くん何も答えず無視して車外の景色を見ている。
そうこうしているうちも、スタッフさんの携帯電話に着信が何度も来る。その都度、運転しながら応答しているのだが、それでいいのだろうか。
こちらの視線を感じたのか「運転中の携帯電話でウチのスタッフが何人も交通取り締まりで捕まったんですよ〜アハハハ〜」と明るく笑うのだった。
「アンタも捕まらないようにね」と心の中で思っていたら、彼女の口からさらに衝撃の発言があった。
「あっ、おしゃべりしすぎて曲がる道をまちがえたみたいです〜」といいつつクルマを走らせる。
父ハム夫くん(92歳)のデイサーサービスは、お試しの段階から文字通り前途多難である。
第87話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]