2018年05月28日

第87話「デイサービス始末記」

087.jpg

前回に続き、デイサービス関連のオハナシ。
獣医の、わが父ハム夫くん(92歳)には動物関連がいいんじゃないの、という短絡的発想で、ヤギのいるデイサービスを利用することになった。
最初から1日滞在はむずかしいかもしれないので、まずは短時間のお試しデイサービスと称して、ボクも同伴してデイサービス事業所に向かったのだが、迎えのスタッフが道を間違えるアクシデントがあり、到着した時には既にプログラムが始まっていた。
室内には10名くらいの男女半々くらいの参加者が席についている、
ホワイトボードの前には男性スタッフが立ち「今日は何の日でしょ〜?」とよびかけている。
なんとなく参加者が反応するものの盛り上がりはない。
ちょっと間が空いたところで、スタッフによる父ハム夫くん(92歳)の紹介があり、ホワイトボードに名前が大書される。またしても参加者の反応はあまりない。父ハム夫くんも無表情で椅子についたままだ。
まぁここまで来たということで、とりあえずは第一段階クリアといったところか。
ボクは他のスタッフとデイサービス契約について打ち合わせのため別室に移る、
30分後、スタッフがかけよってきて「お父様が、帰りたいとおっしゃっています」と言う。
あわてて玄関付近に行くと、父ハム夫くんが怒りの表情で憮然としている。1時間もたずにガマンの限界にきたのだろう。
そのとき車椅子の男性が近寄ってきて、父ハム夫くんの名をよんでいる。どうやら昔の仕事関連での知人らしい。今はここに通われているようで、父ハム夫くんも顔見知りがいるほうが今後は来やすいかもしれない。
しかし父ハム夫くんは何も反応せず、ただただ帰りたいというばかりだ。
しかたないので、この日はそこで帰宅することにした。
外に出てクルマに乗り込む前に、スタッフが駐車場の先を指差し「あそこにヤギがいるので、見に行きましょう」と誘うが全くの無視。ヤギ応対作戦は失敗したようだ。
帰りのクルマの中では「最初はいやがってもその後は喜んで通われる方もいますよ」とか「慣れたらお食事や入浴もされると思いますよ」などとスタッフの希望的観測をききながら無言のボクと父だった。
一週間後。
こんどは、お試しではなく正式にデイサービスに行く初日だ。
もちろんボクは同伴せず、父ハム夫くん(92歳)は一人で行くのだ。
迎えが来る前にあれこれチェックをしていたら、玄関先に置いておいた着替え等を入れたデイサービス用バッグが見当たらない。母チコちゃん(86歳)にきくと、最近の彼女の定番である「お父さんが隠した」という返答があった。最近、母チコちゃん(86歳)は自分に関係ないものはどこかにしまっておく傾向が顕著で、今回も家中をいろいろ探したら押し入れの奥にデイサービス用バッグがつっこんであった。
午前9時過ぎにやってきた迎えの女性スタッフが、クルマに乗せようとするが、その前に靴をうまく履かせられなくて苦労する。それでもクルマに乗り込みなんとか出発したのを見送ってひと安心する。
久々にハム夫くんの介護から解放されてゆっくりできそうだ。
自転車で5分くらいのファミレスに行き、ドリンクバーでしばし休憩。
10時半頃、ケアマネから「体操をしたあと、お父様がどうしても帰りたいとおっしゃってますので送っていきました」と着信があり、あわてて家に帰る。
父ハム夫くん(92歳)はすでに居間でなにごともなかったようにテレビを見ている。
というわけでデイサービス初日は早退という結果であった。
一週間後。
第二回目のデイサービス。
迎えのクルマが来ても乗車拒否をする父ハム夫くん(92歳)。
あんなつまらん体操なんかしたくない!」と怒りまくっている。スタッフもあきらめて引き下がるしかなかった。
デイサービスに、だんだん慣れてくるはずが、回を追うごとに拒否反応が激しくなる。
そもそもヤギで関心を引かせようとする試み自体が子供だましじみて間違っていたような気がする。
その後、父ハム夫くん(92歳)は二度とデイサービスに行くことはなかった。
第88話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]