2018年06月18日

第90話「初めてのショートステイ」

090.jpg

H県M市の実家で暮らす父ハム夫くん(92歳)のショートステイ挑戦がいよいよはじまった。
息子としては全面的に応援したいが、その現場に立ち会えないのが離れて暮らす遠距離介護者の弱みである。
しかし、どんな様子なのか非常に気になる。
父を世話しているつもりになっているが、その実態は何もしていない母チコちゃん(86歳)に電話できいても、ちゃんとした状況説明はできないから無理である。
実家の隣に住んでいる親戚のS子さん(75歳)や、ケアマネや、ショートステイのスタッフからの報告を総合して判断するしかない。
そもそもショートステイとは何か?
漢字で書くと、短期入所生活といったところか。
今回のショートステイ先は、同じ市内にある、サービス付き高齢者向け住宅である。略称「サ高住」。介護業界ではさらに略してサツキ(サ付き)というらしいが真偽は不明である。
その「サ高住」に、1泊2日の日程で過ごすのが今回のショートステイだ。
午前10時頃にクルマで家まで迎えに来てくれて、翌日の午後4時頃に家まで送ってくれるスケジュールだ。
1日目。
午前中はどこからも連絡はない。
デイサービスの時も、父ハム夫くん(92歳)が行くのを拒否した場合や、行っても帰ると言い出したときなど、何か問題があった時しか連絡はなかったから、何も連絡はないということは順調に進んでいるのだろうと楽観的に考え、こちらからも連絡はしなかった。
夕方、ケアマネから連絡があった。
それによると、昼食は摂らなかったが夕食は摂ったようで、新聞を読んだり、窓から外を眺めたりして過ごしたということだった。トイレ誘導に入浴は拒否しているらしい。
夜になって、実家からクルマで1時間のところに住んでいる妹U子から連絡があった。
父ハム夫くん(92歳)のことが心配で、ショートステイ先のサービス付き高齢者向け住宅に電話して様子をきいたらしい。ハム夫くんが出された食事に手をつけてなかったことが気になったようだ。ここのところ、食べ過ぎで太り気味の父ハム夫くんだから、1食くらい抜いたって大丈夫だよというボクに、妹U子は不満そうである。
なんだかんだあったようだが、1日目からカンシャクをおこして帰ってしまうという最悪の状況にはなっていないようである。
2日目。
夕方、ショートステイ先のサービス付き高齢者向け住宅スタッフから連絡。
二日目は食事もちゃんと摂ったそうで、無事に送り届けたという報告だった。
これは、初めてのショートステイとしては大成功ではなかろうか。もしかしたら、1日目のお迎えのクルマに乗るのを拒否するのではとも思っていたし、仮にうまく現場についても途中で帰ると言い出さないかと心配していたので、この結果は万々歳である。
ここで問題になるのが、父ハム夫くんがショートステイ中に、実家で一人になってしまう母チコちゃん(86歳)である。
隣に住む親戚のS子さん(75歳)から、コレに関して報告をいただいた。
それによると、母はショートステイに関して事前に説明を受けていたにもかかわらず、全く理解していなかったそうだ。昔のことは覚えていても、新しいことは5分後には忘れてしまう昨今だからしかたないことではあるが。
様子をうかがいにS子さんが家を訪ねて「今夜はハム夫くんはお泊まりよ」と言っても、母は「そんなことは聞いてない」と言っていたそうだ。
再度、様子を見に行った時は「お父さんはいつ帰るんか」と心配していたとのことだ。
今後のショートステイ関連の問題は、父ハム夫くん(92歳)ではなく、母チコちゃん(86歳)かもしれないなァと考え込む遠距離介護者なのだった。
第91話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]