2018年07月16日

第94話「わが母チコちゃん、初めての一人暮らし」

094.jpg

第5次遠距離介護ツアーで、父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が暮らすH県M市の実家にやってきた。
今回のメインエベントは、父ハム夫くん(92歳)がサービス付き高齢者向け住宅(略称サ高住、もしくは、サ付き)にショートステイに行っている間の、母チコちゃん(86歳)の状態を確認することだ。
これまで父ハム夫くんは、1泊2日のショートステイを何回か経験して、先日からは2泊3日のショートステイをするようになっている。
そんな父ハム夫くんが不在の間、母チコちゃんの生活はどーなっておるのか謎なのだ。
実家の裏に住む親戚のS子さんや、介護事業所のスタッフなど、周囲の声からすると、母チコちゃんは手持ちぶさたなのか近所の電気屋で2時間もおしゃべりしたり、意味のない掃除やら整理やら、本人は家事だと思っているムダな動きをしているらしい。
たぶん、何をどうしていいのかわからないのだろう。
母チコちゃんは裕福な家の末っ子で、可愛がられ甘やかされて育ち、結婚してからは夫の庇護のもとで社会的なことにはタッチせずぬくぬくと過ごしてきた箱入り婆さんなのだ。家の中のことはともかく、対外的なことは一人では何もできないのが現状だが、いまから自立した女性として生きろというのは無理である。
父ハム夫くんがショートステイで不在な間が、おそらく初めての一人暮らしなのだ。
ちょうど明日から、父ハム夫くん(92歳)の2泊3日のショートステイが始まる。
この2泊3日の間は、母チコちゃん(86歳)は短期未亡人生活にはいるのだ。
順番からいって、いずれは一人暮らしをするようになるであろうから、その日のための予行演習ともいえる。
初めてのおつかいならぬ、母チコちゃん初めての一人暮らしは、果たしてどんな日々なのか。
第95話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]