2018年07月30日

第96話「入院そして退院」

096.jpg

急に体調が悪化した父ハム夫くん(92歳)に付き添って救急車に乗っている。
ハム夫くんは、酸素マスクみたいなものをつけられて息が苦しそうだ。
それにしても救急車は揺れる。ベッドに横になっているハム夫くんが落ちてしまわないか心配になる。
本来なら今朝はショートステイに行って、その後は皮膚科にハム夫くんを連れていくことになっていたので、保険証とお薬手帳の入った通院セットはリュックに入っている。そんなわけで、このまま病院に行っても入院手続きはすぐにできる。
この皮膚科に行くというのは、前日やってきた訪問介護スタッフが足を洗ってくれている時に、ミズムシになってるようなので一度皮膚科に行った方がよいのではと助言してくれたからだ。ほとんど外出しない父ハム夫くんがミズムシになったのは、数ヶ月前から足がむくんでパンパンにはれていて、足指が常にくっついた状態でいたせいだと思われる。
しかし、救急車で運ばれている現在、ミズムシなんてどうでもいい
そうこうしているうちに病院に着いた。
救急診察室で、病院スタッフに囲まれたハム夫くんは仰向けに寝ている。
ボクがよびかけると一瞬目があいた。
スタッフがその反応に驚いている。これまで何も反応していなかったのだろうか。
応急処置をして五階の病室に入ることになったので、実家の近所に暮らす親戚のS子さんにLINEで連絡する。
しばらくして母チコちゃん(86歳)が、S子さんのクルマで病室までやってきた。
家族は今夜は泊まり込みになるかもとの病院スタッフの言葉に、母チコちゃんとS子さんはとりあえずハム夫くんの顔だけ見て、入院に必要な衣類等をとりに家に帰って行った。
残ったボクは、主治医と今後の治療方針について打ち合わせし、病院スタッフから入院について説明を受け、入院手続き書類にあれやこれや記入する。
病室にいても、その後は他にすることもなく、ベッドに横たわるハム夫君を見つめる。酸素マスクをつけているが、鼻も口も大きく開いてかえって呼吸が苦しそうである。
病院スタッフからいまのうちに食事をされたほうがいいですよと言われて、はじめて朝から何も食べていないのに気付く。
一階の食堂に行き、本日のオススメの親子丼を食べる。
これが思いのほかうまくて、食べているうちにドンドン元気が出てきて、これなら今夜の病室詰めもなんとかなりそうだわいと思っていたらiPhoneに着信。
電話は五階のナースセンターからで、容体が悪化したからすぐきてほしいとのこと。
あわててかけつけたら、もう心臓はほとんど動いていなくて、呼吸もほとんどなくなっていた。
担当医がやってきて、「お母様がお見えになってからまた来ます」と言って去っていく。
30分後くらいに、再び母チコちゃんとS子さんがやってきた。
父ハム夫くん(92歳)を見て、「薬で眠っとるんか」とつぶやく母チコちゃん(86歳)だった。
しばらくして担当医が来て「○時○分なんたらかんたら…」と言っている。
救急入り口から入って、霊安室脇の出口から出ていくハム夫くん。
わずか数時間の入院だった。
毎回、遠距離介護ツアーは、出発前にToDoリストを作成していくのだが、ほとんど計画通りにいくことはなかった。しかし今回ほど想定外の展開は初めてである。
よっしゃ、こうなったら、親子丼パワーで、最後の親子イベントに突入するのだ!
第97話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]