2018年09月17日

第103話「手ブラで四十九日」

103.jpg

第六次遠距離介護ツアーのメイン行事である四十九日法要を明日に控えた夕暮れ時、妻が仕事を午前中で切り上げてH県M市までやってきた。
ボクだけH県M市に先乗りして、相続関連手続きなどあれやこれやをやりつつ、果てしない母チコちゃん(86歳)とのエンドレス会話に疲れはてていたので、助っ人妻が来てくれて心底ホッとした。
以下は妻とのボーッとしながらの会話。

妻「お疲れさん」
僕「うんホントに疲れたよ、父ハム夫くんがいた時の方がまだ楽だったよ」
妻「お義父さんはちゃんと論理的な会話ができてたもんね」
僕「うん、母チコちゃんの場合は支離滅裂の無限ループ会話だからね」
妻「まぁいろいろあったけどお義父さんをちゃんと送ってあげてよかったね」
僕「うん、まぁこれからどーなっていくかはわからないが一区切りはついたかな」
妻「明日着ていくワイシャツと靴と靴下もお義父さんのを借りて行くし、きっとお義父さんも喜んでるわよ」
僕「うん、明日の法要の会場も、その後の会食の場も妹U子がおさえてくれたから、あとは直接会場に行くだけだよ」

そんな時に妹U子からLINEで連絡があった。
妹「遺影お骨法名はどうする?」

おおっ、ボーッとしてすっかり忘れていた!
もう準備はすんだと安心して、このままでは手ブラで四十九日法要の会場に行くところだった。
手ブラといっても、グラビアのポーズではない。
そんなくだらないことを考えながら、明日に備えて遺影とお骨と法名の準備にかかる。
遺影は天井近くの場所に置いてあるので、明日やってくる妹U子の長身のセガレにまかせよう。
お骨はけっこう重いので、力自慢の妹U子にまかせよう。
法名は仏壇の中にしまってあるのを発見した。これは軽いので自分で持って行く事にする。
そんなこんなで、法要にやって来たのが坊守さんだったのを気にする親戚のオジサンもいたが、翌日の四十九日法要は無事にすますことができた。
次の行事は一周忌
その時まで喪服は実家に置いておくことにする。
リスが餌を隠してその後どこに隠したかを忘れてしまうように、母チコちゃん(86歳)はなんでもかんでもしまいこんで行方不明にしてしまうので、服の上に「これは息子の服です」と書いた紙を貼っておく。
果たして次にくるまでにこの状態のままかどうかは確信がもてない。クリーニングにでも出して、その事自体ををすっかり忘れてしまうかも知れない。
四十九日法要の翌日、妻は帰京するが、まだ僕はしばらくM市に残って、残務整理しつつ、母チコちゃん(86歳)との短期同居が続く。
第104話につづく
(C)2018 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]