2017年10月23日

第41話「三日で二度転倒」

041.jpg

父ハム夫くん(92歳)が三日で二回転倒した。
それなのに、母チコちゃん(86歳)は、この事を全然心配していない。
第1回目の転倒は、父ハム夫くんの居室で転倒したらしい。
らしいというのは、誰もそれを目撃していないからだ。
母が買い物に行って帰ってきたら、畳に突っ伏して倒れていたのだ。
そこで母がとった行動は119番に電話ではなくて、地域包括支援センターに走っていき、いつもお世話になっているTさんに知らせたのだった。
すぐにTさんと保険師さんがかけつけ応急処置をしてくれたのだが、この件に関してボクが知るのはしばらく後になる。
センターに帰ってから、Tさんがボクに電話をしてくれて事の顛末がわかったのだが、頭をうった可能性もあるから病院に行った方がいいのではとTさんが母に言っても、母は「大丈夫、大丈夫よ」と言うばかりだったらしい。
その翌々日、母の留守中にまたしても父は転倒した。
今度は台所で、コーヒーメーカーが割れて床に散乱し、そこに尻餅をついた状態だったらしい。
今回は、近所に住む親戚のS子さんの知るところとなり、病院には行かなくていいよという母を説得して、クルマをぶっとばして外科まで連れて行ってくれたのだった。
幸い、骨には異常がなかったものの打撲は相当はげしかったようだ。
転倒して数日後に実家に行った妹のU子が、父の傷跡を撮影してLINEにアップしてくれた画像を見ると、小指から上腕部にかけて内出血していて痛々しかった。
母に電話して「次にこんな事があったら救急車をよぶんだよ」と助言したが、「大丈夫、大丈夫」という返答だった。
大丈夫と言う母チコちゃん自身が、全然大丈夫じゃないのではと思う遠距離介護者のボクだった。
八百キロ離れた両親が住むH県M市は遠い。
第42話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月20日

第40話「金銭管理大混乱」

040.jpg

二人でなんとか毎日を過ごしている父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)だが、いかんせん金銭管理ができない。
一時はゴミに出してしまった通帳を回収して、印鑑も照合し、キャッシュカードも再発行したが、この状態では二人にまかせられない。
父ハム夫くんに「金銭管理は代行するよ」と言って、なんとなくうなずいたので承諾したものとして、印鑑や通帳などは貸金庫に保管しているのが現状だ。
介護関連経費はその都度引き出し、後で参照した時にわかりやすいように、使用項目を鉛筆で通帳に記している。
生計費は一ヶ月毎に、母チコちゃんにまとめて渡すことにした。
金銭管理はこれでひと安心と思ったある日の早朝、母から電話があった。
ポケットに五千円しかないからお金を送れと言っている。
先日の第二次遠距離介護ツアーから帰京する時に生計費を渡しておいたので、まだ手元には現金があるはずなのにと考えていると、電話の向こうで近所に住んでいつもお世話になっている親戚のS子さんの声がする。
電話を変わってもらうと、なんでも二人で墓参りに行った帰りに、クルマの中で急に母チコちゃんが、お金がないと言い出し、75歳の飛ばし屋S子さんがアクセル全開で帰宅してきたところなのだそうだ。電話の向こうでは母のオロオロする声が聞こえる。
たしか母はショルダーバッグのポケットを財布がわりに使っていたので、そのことをS子さんに話して調べてもらったら、ボクが渡した封筒が手つかずのままあった。母が自分でしまったのを忘れていたのだ。
一件落着。
と思ったら、午後にまた母から電話。
今度は変な請求書がきたというのだ。時間をかけてききだすと、それは介護サービス事業所からのものだった。捨てられては困るので、とりあえず保管するように言って電話を切る。
すぐに事業所に連絡をして確認したら、毎月、サービス明細と金額を記した書類に認め印が必要ということだった。介護サービス契約者の父ハム夫くんと母チコちゃんが対処すればいいのだが、二人は金銭管理ができなくなっている。それだけでなく二人は介護保険を利用してサービスを受けている自覚がなく、事業所スタッフをボランティアの若者と思っているのだから、請求書の確認なんか論外なのだ。
事業所と相談して、今後は実家からクルマで約1時間の所に住む妹U子が処理することにきめた。さて、残る問題は母の手元にある今月分の請求書だ。
これも事業所と相談の結果、記載に不備があったので回収するということにした。
こうして無事に請求書も回収され、母もこの件は忘れてメデタシメデタシのはずだったのだが、その後も母から電話がかかってくる。
「あの請求書はどうなった?」と。
忘れてはいけないことはすぐ忘れるのに、忘れてほしいことはなかなか忘れない母チコちゃんだった。
第41話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月18日

第39話「KAIGO日和・人物相関図」

039.jpg

このブログも回を重ねて早二ヶ月、登場人物もだいぶ増えてきました。
父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)、遠距離介護者のボク、近距離介護者の妹U子、近所に住む親戚のS子さん、お向かいの美容院のマスターのM氏、地域包括支援センターのT氏、猫くん等々。
さらに今後も新たなキャラクターが登場しそうである。
そんなわけで、今回は『KAIGO日和』の人物相関図。
モデルのある人、ない人、いろいろ入り混じっています。
モデルのある人も、名前やら、続柄やら、性別やら、実際とは異なっています。
エピソードも100%真実ではありません。
イメージとしては49%くらいでしょうかね。
え〜っ、じゃあ真実じゃない割合が多いじゃないか〜!なんて言わないでください。
マンガ家のやることですから、あることないこと、ないことないこと、いろいろ入り混じってるんですよ。
只今、遠距離介護真っ最中のご同輩、すでに終わった先輩、これから始める後輩、遠距離介護にかかわるいろんな皆様に対するささやかな支援にでもなれば幸いです。
第40話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月16日

第38話「父の半ケツ」

038.jpg

父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が、家の外にも聞こえるくらいの大げんかをしていたと、実家の隣に住む親戚のS子さんから連絡があり、遠距離介護者としてはどうも気になる。
実家からクルマで一時間の所に住む近距離介護者の妹U子に様子を見に行ってもらうことにした。
妹からの報告によると、ケンカの原因は、病院に行く前日に入浴して清潔にしておきなさいという母と、風呂はいやだという父の間で口論になったらしい。
父ハム夫くんは、以前は無類の風呂好きだったのに、今のような状態になってからはあまり風呂にはいりたがらなくなったのだ。
結局、その時は入浴しなかったらしいのだが、妹が様子を見に行った日は自分からすすんでシャワーを浴びたらしい。
ただし、シャワーを浴びてしばらくしたら、またシャワーを浴び直したのだとか。最初のシャワーを忘れたのかもしれない。
着替えも自分でやったらしいのだが、シャツを何枚も重ねて着ていたので、妹がなんとか脱がせたようだ。
でも父本人は「あ〜サッパリした〜」と言っていたらしいから、これでいいことにしよう。
シャワーを浴びてくつろぐ父ハム夫くんの写真を妹がLINEにアップして見せてくれた。
それは父の後ろ姿。
自分で脱いだり着たりがうまくできない時もあるのだが、今回はまぁまぁなんとかなっている。
と思ったら、ズボンが少しズリ気味で、尻が半分出ている。
おもしろうて、やがて悲しき、父の半ケツ。
第39話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月14日

第37話「遠距離介護者の近距離支援」

037.jpg

遠距離介護ツアーは疲れる。
父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が住むH県M市の実家に滞在中は逃げ場がない。
もはや時空を超えつつある二人と連日24時間一緒なのは精神的に疲れる。
近距離介護者が休日をつぶして毎週末に訪れるのも大変だろうが、それとは違った疲れが遠距離介護者には蓄積するのだ。
ただ、遠距離介護にも利点はある。
実家を離れて我が家に帰宅すれば、リセットできることだ。
しかし、800キロ離れた父母のことはいつも心の隅にひっかかっている。
そんなことを考えながら歩く図書館からの帰り道、交差点で佇むオバーさんに話しかけられた。なにやら母チコちゃんと重なる姿だ。
「あの〜診療所はどこでしょうか?バスから降りて左に行けと言われて来たけど見つからないんですよ」
どうやら誰かと待ち合わせらしいのだが、その場所にたどり着けない様子だった。
診療所をiPhoneで調べたらここから徒歩6分の場所だ。降りたバス停からは九十度違う方向だ。
おそらくバスの進行方向に向かって左のところを、バスを降りて左と勘違いされたのだろう。
別に急ぎの用事もないので、目的地まで送ってあげることにした。
被介護者は違うが、遠距離介護者による、近距離支援である。
その道すがら、そのオバーさんが、わが母チコちゃんと同じ86歳ということがわかった。ウチの母は要支援1なんですよと言ったら、私はそんなのは受けてませんと胸をはるオバーさん。
杖をついてはいるものの、リュックを背負い足どりは思いのほかしっかりしている。
待ち合わせ場所まで来ると、娘さんらしきオバサンが不機嫌そうに立っている。たぶん、これからの予定が狂って怒っているのだろう。
ボクにろくにお礼も言わず、オバーさんを連れて去って行く。
まぁ気持ちがわからないでもない。毎日のようには母親がトラブルを起こして自分の生活もグチャグチャになっているのかも知れない。
そんなことを思いながら帰宅すると、実家の隣に住む親戚のS子さんから「お父さんとお母さんが外に聞こえるくらいの大声でケンカしてたよ〜」と電話があったと妻からきく。
ふ〜ん、いくら大声でも800キロ離れたここまではきこえないよな〜と、ため息をつく遠距離介護者であった。
第38話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

第36話「ジパング倶楽部会員証がやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!」

036.jpg

遠距離介護のネックは交通費である。
父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)が住むH県M市に行くにはJRを利用する。
往復割引を利用すれば運賃は安くなるが、新幹線の特急券は安くはならない。
そこで調べてみた結果、ジパング倶楽部というものに行き当たった。
年会費は必要だが運賃だけでなく特急券も割引になるのだ。
さっそくウェブにアクセスして申し込もうと思ったら、なんと受け付けは郵送のみとな!
せっかくサイトがあるんだから、そこで申し込めれば楽なのにどういうことなんだ?
入会申し込み用ファイルもダウンロードできず、電話でしか請求できないのだった。
年輩者相手のサービスだからアナログなシステムなのだろうか。それともジパング倶楽部事務局はお年寄りばかりの部署で、自分たちがデジタル対応できないからこうなのか。
しかたないので、まずは申し込み書請求の電話をする。
電話に出たのはオジーサンではなくオネーサンだったが、送付先を告げ電話を切る。あとは申込書が郵送されるのを待つだけ。
それが…なかなかこない。
忘れた頃にやっと届いた。
もうどーでもいーやと思いつつ封を切る。
申し込む前に同梱の振り込み用紙で会費を入金するのか。
次に申込書に必要事項を記入する。年齢確認用の保険証のコピーも必要なのか。会員証用の顔写真をペラペラの台紙に貼付ける。写真の裏に名前も書けとある。なんだかなつかしい作業が続く。これらと年会費の振替払込受付証明書を同封して、自分で封筒を用意して切手を貼り事務局宛に返送する。
面倒臭いが、乗りかかった船だ。ポストに投函して、あとは会員証が届くのを待つだけ。
しかし、なかなか届かない。
またまた忘れた頃にやっと来た封書をあけてビックリ!
ちょっと人には見せたくないレベルのダサい会員証と、会員手帳なるものが出てきたのだ。しかも旅行中はこの会員証と手帳を常時携帯して提示しなければならないのだそうだ。使用ガイドによると、購入証に記入後、窓口に提出してキップを購入するようだ。なんだか、JR以前の国鉄時代のテイストが感じられる「ジパング倶楽部」なのでした。
使い勝手がどんなものか、次の第三次遠距離介護ツアーで試してみよう。
第37話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月10日

第35話「キーパーソン指令」

035.jpg

両親の遠距離介護ツアーでH県M市に滞在中に、介護にはキーパーソンが必要ですと、地域包括支援センターのT氏に言われる。
父母の介護にはいろんな人が関係している。
医者、市役所、民生委員、地域包括支援センター、介護事業所、ケアマネ等。それらの連絡を受け、差配をするのがキーパーソンなのだ。
自由業で時間の融通のきくボクがやるしかないではないか。
これが、いざやると、かなりの負担だった。
とにかくいろんな所から電話がかかる。それらの対処をまたいろんな所に電話する。
iPhoneユーザになってほとんど電話は使わなくなっていたので、連日の電話攻勢はある意味新鮮である。実はこのiPhone、格安SIMフリー契約で通話割引システムはない。こんなことなら大手キャリアのかけ放題契約のままにしておけばよかったと少し後悔するのだった。
ある日のキーパーソンの活動は、以下のような感じだ。
実家からクルマで1時間の所に住む妹U子が、母チコちゃんが家の中で保険証をなくしたらしいので探しにいくという。
そこでキーパーソンの仕事開始だ。
指令その1
「妹よ、実家に行く前に市役所に行き郵便物転送の手続きをせよ!」
父も母も郵便物の管理ができなくなったと先日市役所に相談したら、市からの発送分に関しては転送可能ということだった。妹の所に転送すれば問題解決だ。これを次回の遠距離介護ツアー時に処理しようと考えていたので、電話急げ、いや善は急げと妹に電話したのだ。
指令その2
「妹よ、保険証はタンスの横あたりを探せ!」
この指令は功を奏さず、実際は食器棚の中にあった。まだまだ父母の行動パターンが読み切れていないのだった。
そうこうするうちに、介護事業所から介護サービス契約書類に捺印忘れがあるとの連絡が入る。
指令その3
「妹よ、今日は冷蔵庫の整理はやめ、ただちに介護事業所に急行し、書類確認後捺印せよ!」
電話1本であちこち行かされる妹が不憫である。それでも文句ひとつ言わずに行動する妹に感謝したい。昔から実務がちゃんとできるタイプなのでまかせて安心である。
一方、実務をともなわない口だけの男である兄には、このキーパーソンという役目はピッタリなのだった。
第36話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年10月06日

第34話「介護保険証がやって来た♪」

034.jpg

疲れた
何がって?十数日に渡った第二次遠距離介護ツアーだ。
介護といっても、父ハム夫くん(92歳)も母チコちゃん(86歳)も、自分の身の回りのことは自分で出来るので、その点はとりたててすることはない。
しかし、一日中はてしなく続く母チコちゃんの同じ話の繰り返しと、さっき言ったことをもう忘れてしまう父ハム夫くんに、毎日ベターッと接していると、精神的にとても疲れる。
それに、テレビの大音量。
二人とも耳が遠いのでしかたないのだが、日頃テレビなしの生活をしているボクには辛い。
介護ツアーから帰ってからしばらくは、野外ライブで大音響に接した後みたいに難聴気味だった。
次の第三次遠距離介護ツアーには耳栓が必携だな、とiPhoneのメモに書き込む。
ふーっ
これだけダメージが残るのは、ボクもトシということなんだろう。
そんなある日、ボク宛の郵便物が来たよと、妻から封筒を手渡された。
ふむ、新しい保険証か。
いちおう確認のために封を切る。
中から出てきたのは、保険証は保険証でも、介護保険被保険者証だった!
なっ、なんと!遠距離介護で疲れているボクが、もう介護される側になっていたのだ。
介護保険証がやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!
第35話につづく
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(1) | 日記

2017年10月04日

第33話「嘆きの父と母」

033.jpg

長かった今回の第二次遠距離介護ツアーも今日が最終日。
昨日からスタートした介護サービスの二日目の様子を見届けてから、帰路につくことにする。
昨日と同じく事業所のスタッフがやってくる。
父ハム夫くん(92歳)も、母チコちゃん(86歳)も、介護保険利用でサービスを受けるということに関して全く理解していないので、また誰かがやってきたという印象しかないようだ。
父ハム夫くんは、ちょうど横になっていた。
急に起こすと機嫌が悪くなるのではと心配したが、看護師でもある事業所スタッフさんは、ゆっくりと呼びかけ、父が自分で起き上がるのを待っている。
歩くのは自力でなんとかなる父も、横になった状態から起き上がるのは少し時間がかかる。
スローモーションのように立ちながら父はつぶやく。
なさけないの〜
ホント、自分の状況がなさけないのだろう。
しかし周囲ができるのは見守るだけだ。
起き上がってからは介護サービス初日と同じく、ちゃんと薬を飲む父ハム夫くんだった。
これで薬管理の方はなんとかなる見通しがついたのでホッとする。
次は来週の通院同行サービスだが、さすがにそこまでは実家に滞在出来ない。
今回の第二次遠距離介護ツアー出発前に原稿の描きだめをしてきたが、それも底をついてしまっている。
薬服用確認後にスタッフも帰り、ボクもそろそろ出ようかと荷物の整理をしていたら、母チコちゃんが部屋中をウロウロししながらブツブツ言っている。
またなくなった、なさけない、なさけない
父についで母の口からも、嘆きの言葉が出てくるのだった。
何がなさけないのかきいてみたら、いつもモノがなくなってしまい、一日中探し物ばかりしているのがなさけないのだそうだ。
今さがしているのは通院時に必要な保険証。
このままにしておくわけにもいかないので一緒に探したら、いつも外出時に持って行くカバンの中に入っていた。
来週の通院時まで保険証の所在がどうなるか心配ではあるが、もう時間もないので駅に向かうボクだった。
実家に、嘆きの父母を残したまま…。
第34話に続く
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記

2017年10月02日

第32話「介護サービス開始」

032.jpg

今回の第二次遠距離介護ツアーの掉尾を飾るのは、いよいよ始まる介護サービスだ。
具体的には、毎日の薬服用確認。
これは、薬を必ず飲むようにするという意味合いよりも、毎日誰かがやってくることで、最低限の安否確認になるということを重視して選択したサービスである。
さてサービス開始日の朝。
父ハム夫くん(92歳)と母チコちゃん(86歳)がどんな反応をするか観察したいので、事業所のスタッフが来る前に玄関先に出て待機する。
事業所のクルマがどちらの方向から来るのかキョロキョロ見回していたら、どこからか誰かの呼ぶ声がする。
声は我が家の玄関の対面からきこえてくる。
そう、第28話で出てきたお向かいの美容院のマスターM氏である。「コーヒーでも飲むかい」とのお言葉をかけていただいたのだ。
開店前のコーヒータイムに、ボクが玄関先でウロウロしているのを見かけてのことだった。手にはボクの分のコーヒーカップも持たれている。
ウム、ご近所見守りシステムは順調に作動しておるわい。
そうこうしているうちに事業所スタッフが到着したので、コーヒーは丁重にお断りして家の中に入る。
肝心の介護サービスに関しては、驚くほど父も母も受け入れてくれたので拍子抜けした。家の中に他人が入ってきてあれこれするのをいやがる被介護者も多いのだそうだが。
母チコちゃんは、若い事業所スタッフのことを市役所のボランティアだと思っているようだ。父ハム夫くんは何も言わないが、若い女性スタッフの指示に従い薬を飲んでいる。
あとで母が言うには「オネーサンのいうことはよくきく」とのことだった。これって、もしかしたらジェラシーなのか?
まぁそういう感情があるくらい元気でよかったと思っておこう。
(第33話に続く)
(C)2017 ODAMANGA.com All Rights Reserved.
posted by ODA-SAN at 09:00| Comment(0) | 日記